2011年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:10 May 18 2011

日本、原発事故対策の新工程表を発表

 日本政府は17日、福島第1原発事故の今後の取り組みの工程表を発表した。福島第1原発を経営する東京電力も同日、工程表を発表した。だが両工程表は重点が異なる。日本政府の工程表は被災者の支援に重点を置いているが、東京電力の工程表は4月に発表した原発事故処理工程表の改訂版だ。

 避難住民のために必要な仮設住宅1万5200戸について、日本政府は8月15日までに完成させるとしている。賠償問題について、東京電力は5月末までに被災者への一時金仮払いを終え、その後事業者への賠償金を支払うとしている。被災者の健康については、7月中旬までに放射線量など健康状況の調査を終える。中期的課題としては、土壌の放射性物質蓄積量を調査し、土壌除染の方法を研究。事業者に無利息・長期資金援助などを行う。

 東京電力の工程表は、6-9カ月かけて原子炉を「冷温停止」状態で安定させるとしている。1号機、2号機、3号機でいずれも炉心溶融が起きたと見られるため、以前発表した工程表は改訂せざるを得なかった。だが7月までに原子炉を安定的に冷却、10月から来年1月までに核燃料を100度以下までに冷却し、原子炉を「冷温停止」状態に持ち込むとの全般的日程に変化はない。

 日本メディアは原発の現場の状況は1カ月前より悪化していると見ている。例えば最近見つかった炉心溶融により、放射性汚染水の量は1カ月前より約4万トン増えた。今後また新たな事態が生じれば、東京電力の工程表は改訂を余儀なくされるし、日本政府の工程表への影響も避けられない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古