2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:13 Aug 01 2011

中国共産党は160以上の国・地域の政党と交流

建党90周年を迎え、より開かれた政党に
車内で話が弾む出席者

 欧州人は鉄道では居眠りをしたり読書をしたりと静かに過ごす。余り静かなので乗車券の落ちた音も聞こえるくらいだ。だが今回、中国・欧州政党ハイレベルフォーラムの参加者60人余りは、北京から天津への高速鉄道の車内で静かではいられなかった。道中議論紛々、高速鉄道に驚嘆すると同時に、中国共産党の開放になおのこと驚いていた。人民日報海外版が伝えた。

 ■「そんな速い鉄道には乗ったことがない」

 第2回中国・欧州政党ハイレベルフォーラムは16日に北京で開幕。出席者は17日、高速鉄道で天津へ向かった。リトアニア社会民主党の副党首は本紙の取材を受けている際に天津まで高速鉄道に乗ることを知り、興奮した様子だった。同副党首は高速鉄道について詳しく尋ね、100キロをわずか28分で走り、最高時速は300キロを超えると聞くと「そんな速い鉄道には乗ったことがない」と驚嘆した。

 欧州社会党のアルティン・シュルツ党首は北京から天津に28分で到着したことに驚き喜んでいた。欧州自由党のファン・デル・ラーン副党首(オランダ人)には生後4カ月の娘がいる。同氏は中国の発展を実際に見るため訪中団に参加した。これまでは香港しか訪れたことがなかった。同氏は「オランダでは高速鉄道は時速250キロ前後。駅が多いため、150キロ余りが普通だ」と説明。遠くオランダにいる7歳の息子に時速300キロ以上の高速鉄道に乗ることを電話で伝えると、鉄道が大好きな息子は「中国に行きたい、高速鉄道に乗りたい」と言った。

 車内で参加者からは「開放された中国共産党が開放されたフォーラムを開催したことで、開放された急速に成長する中国を見ることができた」との認識が示された。

 リトアニア社会民主党副党首は「今回のフォーラムによって中国と中国共産党への理解が増した」と述べた。また、中国共産党が8000万人もの党員を擁することに驚きの声を上げた。リトアニアの総人口の20倍に相当するからだ。今回のフォーラムによって同氏は初めて中国を訪問する機会を得、本当の中国を目の当たりにした。万里の長城観光へ向かう途中で見た農家などから、中国農民の恵まれた居住環境や衛生施設、建築の安全性を知った。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古