2011年5月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:43 May 24 2011

中国の軍事力、今年は「飛躍の年」

空母「ワリヤーグ」

 今年は中国の軍事力の「飛躍の年」といっても過言ではない。最近、海外メディアでそれを証拠づける報道が数多くされている。シンガポール紙「海峡時報」は、中国初の空母「ワリヤーグ」が早ければ年内に配備されると伝え、「聯合早報」は、攻撃ヘリコプター「WZ-10」がすでに配属されたとの予測を伝えている。米ジェームスタウン財団は海外の報道がすべて事実だとしたら、中国のJ-20戦闘機は米国のF-35より優れ、「ラプター」に匹敵すると判断している。これら中国の海陸空軍の核心戦闘力を代表する新型兵器が3つまとめて登場したのには深い意味があるに違いない。

 ◆海陸空の新たな見どころ

 西側メディアはこれまで中国軍の武器・装備に注目しているが、今年は中国の海陸空3軍のいずれもトップニュースとなる新たな見どころがある。

 空母のアイランドにレーダーを搭載、舷に防空兵器を取り付け、J-15艦載機の試験飛行・・・・・・空母「ワリヤーグ」に関係する数々のニュースが西側メディアのトップニュースになるだろう。こうした予測が現実となれば、中国海軍は空母を潜水艦、駆逐艦、護衛艦からなる戦闘群の核心として位置づけ、作戦方式を調整することを意味する。

 空母建造の戦略的意義を際立たせるなら、ステルス戦闘機「J-20」は中国独自で設計・開発した高度技術兵器の代表といえる。米ジェームスタウン財団によれば、J-20は大型戦闘機で、米空軍がかつて提案していた戦地爆撃機「FB-22A」の大きさに相当する。速度、高度、ステルス性、機動性といった主な指標で統合攻撃戦闘機(JSF)であるJ-35に勝り、へたするとラプターに匹敵するかもしれない。

 空母とステルス戦闘機に比べ、攻撃ヘリコプターは目立たないが、やはり海外メディアの注目を集めている。中国が単独で開発した攻撃ヘリコプター「WZ-10」の配備によって中国の減り生産技術のレベルが一気に20年分高まったと聯合早報は伝えている。

 各メディアの報道をまとめると、空母「ワリヤーグ」、ステルス戦闘機「J-20」、攻撃ヘリ「WZ-10」はいずれも中国海・空・陸軍の近代化の新たな成果といえる。同時に、中国の軍事力の近代化がすでに高度技術プラットフォームの方向に発展していることを示している。

 ◆新プラットフォームが軍事力を飛躍

 空母、ステルス機、攻撃ヘリが所属する部署は違っても、その役割は大体共通している。それは、高度な技術で作戦プラットフォームをつくり、先進武器・装備の空白を埋め、西側の軍事強国との「装備の差」を縮小し、軍事力の飛躍的な発展を後押しすることにある。

 海陸空3軍の先進的な作戦理念を代表する高度な武器・装備が一挙に登場した。これは中国が長年積み重ねを経て豊かな果実を実らせたことを意味する。また、空母、ステルス機、攻撃ヘリといった先進的なプラットフォームの成熟により中国軍は西側の軍事強国に近い装備を備えたことで、今後は、重要な分野において武器・装備の「差」を考える必要はなく、今の基礎を基に自らの道を歩むだけでよくなり、軍事力の近代化に向けた自信と自主性が備わった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月18日

J-20戦闘機
攻撃ヘリコプター
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古