2011年5月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:25 May 19 2011

日本・インドの常任理事国入りを世界が阻止

 日本の読売新聞は17日、国連安全保障理事会の改革をめぐり、日本、ドイツ、インド、ブラジルの4か国(G4)の常任理事国入り阻止を図るイタリアを中心とする「コーヒークラブ」が16日、「反G4」会合をローマで開いたと報じた。

 イタリア政府によると、会合には123カ国の代表が参加、ダイス国連総会議長や20カ国余りの外相をはじめ、中国と米国の代表も参加したという。G4ではドイツだけが招待された。

 AP通信は16日、この日の会合はイタリアが召集し、G4の常任理事国入りは必ず失敗すると警告したと伝えた。ダイス国連総会議長は国連改革の必要性と緊迫性を強調、各国が国連改革の問題をめぐり争いを続けるなら、国連は周辺化し、国際的に重要な議題を他の機構が議論するようになると訴えた。また、どの国の国連改革案も支持しない立場を主張した。

 「コーヒークラブ」の正式名は「コンセンサス連合(UFC)」。G4の常任理事国議席増などを柱とする決議案に対抗するため、イタリア、韓国、パキスタンなどの呼びかけで設立された。加盟国の代表がイタリア国連常駐代表部に集まりコーヒーを飲みながらこの件について議論していたことからそう名付けられた。UFCは常任理事国の議席数を増やしても安全保障理事会の効率向上にはつながらないとして、国際情勢の変化を反映しながら、非常任理事国10議席のみの拡大を主張している。

 イタリア紙は16日、122カ国がUFCの立場を支持する一方、G4の決議案に賛成しているのは約70カ国で、決議案を通過するのに必要な128票の半数にしかならないと報じた。イタリアのRagaglini国連常駐代表は取材に対し、国連安保改革は15年間未解決の議題で、G4の常任理事国入り計画が改革を硬直化させており、G4の「尊大さ」は各国の反感を買っていると述べた。「安保理改革が各国の利益闘争のゲームだ。G4は動きが鈍い。イタリアは反G4の舞台でわりとうまくやっている」と語った。読売新聞は17日、支持票数拡大を阻止されたため、G4は今年の国連総会で改革案を提出する計画を変更する可能性があると伝えた。

 韓国紙・朝鮮日報は17日、「日本の常任理事国入り、再び挫折」との見出しで、05年に日本がドイツなどと共同で常任理事国を6議席、非常任理事国を4議席増やし、新しい常任理事国は拒否権を持たないとする具体的な改革案を提案したが、アフリカ諸国の多数票を見逃したため、この決議案はすぐに失敗に終わったとし、それ以来、日本とインドはアフリカ諸国の支持を得ようと必死になっている。インド外務省のVivek Katju外相は17日にニューデリーで、「ほぼすべてのアフリカ諸国がインドの常任理事国入りを支持している」と語ったと報じた。

 インドのヒンドゥスタン・タイムズ紙は同日、「インドはアフリカの常任理事国入りを支持」との見出しで、シン首相が今月24日にエチオピアで開かれる予定の「インド・アフリカフォーラム」に出席し、アフリカ諸国にインドの常任理事国入りへの支持を呼びかけると同時に、アフリカ諸国も安保理で常任理事国の1議席を得られるようインドが支持すると伝えた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年5月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古