2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:12 Aug 01 2011

中米両軍の調和ある「合同演奏」を待望

 陳炳徳・中国人民解放軍総参謀長は訪米日程を終えて欧州へ向かった。今回の訪米には国内外のメディアと人々の多くが注目した。両軍関係の回復・好転の重要な印であると同時に、中米両大国の軍事関係への人々の強い期待の現われでもあったからだ。今回の訪米の成果は両軍関係の推進に関する両国の合意の一部であり、将来の実務協力の基調の確定を示すものだ。(文:国防部外事弁公室主任(本紙特約論説員)。「人民日報海外版」コラム「望海楼」掲載)

 陳総参謀長の訪米は両軍関係の発展に関する胡錦濤国家主席とオバマ大統領の共通認識を実行に移し、中米協力パートナーシップに相応しい「相互尊重と互恵協力」の軍事関係の構築を促すためのものだ。これには双方が時代の発展に着眼し、伝統的な思考モデルから脱し、斬新な視点から両軍関係の発展の方向を計画することが必要だ。

 第1に、相互尊重を前提とする。他者からの尊重は、自分が他者を尊重して初めて得られる。効果的な協力は、相互尊重があって初めて可能になる。尊重姿勢がより意義を持つのは、行動面の尊重があってこそだ。

 第2に、利益への配慮を中核とする。どの国の軍隊にとっても、国家の根本的利益を守ることは当然の責務だ。中米は共に相手国の核心的利益を尊重し、相手国の重大な懸念を重視して、両軍の交流・協力の環境を整えなければならない。

 第3に、意思疎通と交流を基盤とする。理解は意思疎通によって促され、信頼は交流に始まる。中米両軍は共に努力して、各種の意思疎通のルートや枠組みの機能を十分に発揮し、各種の対話を積極的に行い、相互理解を不断に深め、戦略的相互信頼をしっかりと深めるべきだ。

 第4に、実務協力を取っ掛かりとする。中米双方は現有の協力成果を打ち固め、協力分野を開拓し、協力の新たな成長軸を育て、容易な事から難しい事へ、段階的推進の精神に基づいて実務協力を行い、両軍関係の中味を豊かにする必要がある。

 第5に、互恵共栄を目標とする。中米両軍の協力関係の発展は高きに登り遠くを望む必要がある。中米は共にアジア太平洋地域にあり、広範な共通利益と安全保障上の関心を持つ。互恵協力に基づく両軍関係の発展は、両国および両国民のみならず、アジア太平洋地域と世界の平和・安定にも寄与する。

 両軍関係の新たな発展の促進は両国元首の重要な共通認識であると同時に、時代の発展の必然的要請でもある。これには双方が共に努力し、向き合って進み、たゆまず共通利益を開拓し、隔たりや敏感な問題を適切に処理していくことが必要だ。米国による台湾への武器売却、艦艇・航空機の接近偵察、中国に対する差別的法律は両軍関係の発展を深刻に妨げている。米側が誠意と勇気、知恵を出して一歩一歩解決していくことが必要だ。

 冷戦思考を捨て、根拠なき猜疑を減らし、中国に対する信頼を高めることが、米国が中国人民解放軍との長期安定的で信頼できる交流・協力を発展させる上で重要な支えとなる。中国は米国がアジア太平洋地域、さらには世界の平和・安定・繁栄を守り、促すために建設的な役割を発揮することを歓迎する。米国も中国の発展と進歩を客観的、理性的に受け止めるべきだ。中米関係はゼロサム関係ではない。中国の総合国力の増強と軍事力の発展を受け、近年米国では「中国軍事脅威論」を煽り続けている人々がいる。これは中国の戦略的意図を歪曲し、中米両軍関係の発展の雰囲気を破壊するものだ。中国が国防建設を強化する目的は国家の主権・安全・発展上の利益を守り、世界と地域の平和・安定を守ることである。中国はこれまで米国に挑戦する意図を持ったことはないし、その能力もない。中国軍は米国にとって安心してつきあえるパートナーだ。

 中国軍首脳の訪米は21世紀の第2の10年間に入って今回が初めてであり、これによって両軍関係の発展への人々の確信は強まった。だが両軍が双方の軍楽隊のように調和のとれた「合同演奏」を行うには、一度や二度の訪問では不十分だ。中米双方は積極的で誠実、実務的で友好的な姿勢で対話や協議を強化し、利益を共有する分野で積極的に協力し、対立や隔たりが生じた際は効果的にコントロールして、両軍関係の健全で安定した前進を促す必要がある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年5月24日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古