2011年5月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:21 May 26 2011

心の交流、徳による人の和+戦略的互恵=中日友好

 中国には「遠くの親戚より近くの他人」「困難の中でこそ本当の友情がみえる」ということわざがある。22日に東京で閉幕した第4回中日韓首脳会談は、こうした道理を裏付ける形となった。

 今回の会談は、東日本大震災後、中韓両国の首脳が初めて日本を訪れ、日本側と3カ国協力について協議するものだ。3カ国首脳は会議の成果として、宣言と関連の付属文書を発表し、会議は大成功に終わった。

 会談に先立ち、中韓両国の首脳は宮城・福島2県の被災地を訪れたことが人々の注目を集めた。報道によると、今回の被災地慰問は、中国側の提案によるもので、温家宝総理が自ら決定を下したという。これは勇気のいる決断だ。訪問期間中も、日本ではマグニチュード(M)4クラスの余震が続き、福島原発事故もなお収拾が付かない状態だ。日本のテレビ局が流した映像は、長くはなかったが、それでも感動の場面を目にすることができた。

 温総理は週末の2連休を利用して日本を訪問し、飛行機を下りるとその足で被災地に向かった。被災地の避難所を訪れた温総理は、日本人の習慣に従って地面に座り、ひざを交えて被災者と話をした。6月1日の国際児童デーを1週間後に控えていたため、パンダのぬいぐるみを被災地の子どもたちに贈った。各国のメディアを前に、現地で採れた野菜をほおばった。「『笑顔』と書いてくれませんか」という被災者からのリクエストに快く応え、「微笑地生活下去(笑顔で生きてください)」と書いて励ました。上智大学の学生との再会では、そばまで歩み寄って思い出話に花を咲かせた。人気グループのSMAPに中国公演を打診し、「歌声で両国の若者の心に友好の種をまいてほしい」と期待を寄せた。このほか、被災地の若者500人を中国に招待すると発表した。
 
 自分の親戚、ひいては子どもであっても、ここまではしないのではないか。まさに「遠くの親戚より近くの他人」だ。温総理はさらに▽日本の災害復興を支援する▽訪日観光を回復させ、盛り上げる▽安全を確保した上で、日本製食品に対する輸入規制を緩和する--などの意向を表明した。これらはいずれも日本の政府と被災者がいま最も必要としている励ましと支えであり、まさに「困難の中でこそ本当の友情がみえた」といえる。
 
 こうした言動は、心を通わせ、徳によって人の和を図る温総理の外交スタイルが現れている。「心を通わせる」とは、おざなりにせず偽らず、誠意を持って向き合うこと。では「徳」とは何か。中国の古典「管子」によると、「民を愛し私無きを徳という」「民を利し得せず、天下これと親しむを徳という」。「衆を悦ばすは愛施に在り、衆を斉(ととの)うるは私を廃するに在り。遠くを招くは近くを修めるに在り、禍(わざわい)を避けるは怨みを除くに在り」。隣国が自然災害に見舞われたいま、被災した人々に援助の手を差し伸べることこそ、大きな徳ではないだろうか。

 温総理は両国の民間友好の促進について、小さなことから少しずつ始める必要性をとりわけ強調した。少し前に、北京に駐在する日本人記者からこんな話を聞いた。「妻はもともと中国に好感が持てなかったが、北京の親切なタクシー運転手と出会ってからイメージが一変した」。ここから、民間交流はこうしたささいな出来事に潜む調和と友愛が必要であることがうかがえる。
 
 話を元に戻すと、両国間の歴史問題、台湾問題、領土問題、民族感情などの要素が絡み合って生まれた構造的な矛盾も見過ごすことはできない。こうした問題は両国それぞれの価値観や国家利益にかかわるものであり、徳だけに頼るのでは恐らく解決は難しい。それゆえに、中日両国は戦略的互恵関係を構築する必要がある。今後の鍵は、上述の矛盾を解決する中で、戦略互恵関係をいかに具体化し、また協力を拡大する中で、それをいかに充実化するかだ。両国関係が困難や壁にぶつかるほど、長期的な視野、民間の友好を重んじる視野、両国の根本的利益に基づく視野に立ち、戦略的・全局的な高みから、戦略的互恵関係の持続可能な発展を推し進めることが求められる。(筆者 人民日報特約コラムニスト、清華大学現代国際関係研究院教授、副院長/編集YT)

 「人民網日本語版」2011年5月26日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古