2011年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:46 Jun 13 2011

中ロエネルギー対話がモスクワで開催

 中国の王岐山副総理とロシアのセチン副首相は31日、モスクワで第7回中ロエネルギー対話を行った。

 王副総理は「中ロエネルギー協力は包括的、長期的、戦略的協力であり、両国の戦略的協力パートナーシップの重要な一部だ。両国政府・企業の積極的な努力の下、石油、天然ガス、石炭、電力、原子力分野の中ロ協力が喜ばしい進展を遂げたことに満足している。中ロ原油パイプラインは今年1月1日の正式開通以来、安定して稼働し、すでに600万トン以上の原油を輸送している。今回の対話を通じて中ロは原油パイプライン貿易の積極的な推進について新たな合意に達した。現在中ロエネルギー協力の最大の重点は天然ガス協力だ。ロシア側と共に天然ガス協力の早期の具体的進展を全力で促していきたい。双方は資源、技術、資金、人材など各方面で各々の強みを十分に発揮し、石炭分野の協力を強化することができる。中国は原子力分野での双方間の成果に富む協力を高く評価している。中ロの電力協力は着実に進み、再生可能エネルギー分野の協力には新たな突破口が開かれた。ロシア側と共に互恵・ウィンウィンの原則を堅持し、緊密に意思を疎通し、真摯に協力して、両国のエネルギー協力がたゆまず新たな成果を上げるようにしたい」と述べた。

 セチン副首相は「ロ中エネルギー対話は毎回非常に良好かつ信頼に満ちた雰囲気の中で行われ、実り豊かな成果を収めている。今回も同様に著しい成果があった。ロ中エネルギー協力は戦略性を備えている。私と王副総理は各方面の議題について踏み込んで意見交換し、ほとんどの問題で広範な合意に達した。特に大規模エネルギー協力プロジェクトで新たな進展があった。今回の対話から、ロ中戦略的協力パートナーシップはすでに相当高い水準に達し、双方間のいかなる問題の解決も可能にしていると結論づけることができる。われわれの友好協力が一層の実務的成果をもたらすことを希望する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月1日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古