2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:08 Aug 01 2011

シャングリラ対話は協力を重点にすべき

 第10回アジア安全保障会議(シャングリラ対話)が3日にシンガポールで開幕し、中国からは梁光烈国防部長(国務委員)が代表団を率いて出席する。10年前のシャングリラ対話発足以来、中国国防部長の出席は初めてで、過去最高レベルの代表団となる。(文:張学剛・中国現代国際関係研究院南アジア・東南アジア・オセアニア研究所副所長。「人民日報海外版」コラム「望海楼」掲載)

 シャングリラ対話は発足以来10年で、アジア太平洋地域において最大の規模と最高のレベルを誇る多国間防衛・安全保障フォーラムの1つに発展。アジア太平洋各国間の意思疎通、交流、理解、相互信頼の促進に重要な役割を発揮してきた。中国は07年以来4年続けて副総参謀長の率いるハイレベル代表団を派遣してきた。今回さらにレベルを引き上げたことは、アジア太平洋地域の安全の維持と促進を中国が強く重視していることの現われである。

 中国は一貫して真摯で積極的、建設的な姿勢で地域安全保障協力に参加してきた。また、対話と意思疎通を通じて相互信頼を強化し、共通認識を拡大し、協力を促進して、アジア太平洋の平和と安定を共同で守ることを望んできた。中国代表団は過去の各対話でいずれも「中国は常に変わらず『善隣とパートナーシップ』の周辺国政策を堅持し、相互信頼・互恵・平等・協力の新安全保障観を積極的に提言している」と強調。(1)地域の重大問題や国際紛争の平和的方法による解決を主張し、勝手な武力の行使または威嚇、侵略拡張、覇権主義、強権政治に反対する(2)平和共存五原則に基づき対外軍事交流を行い、非同盟、非対立、第三国を標的としない軍事協力関係を発展させ、公平で有効な集団安全保障体制および軍事相互信頼体制の構築を推進する(3)開放、実務、協力の理念を堅持し、国際安全保障協力を深め、主要国および周辺国との戦略的協力、協議、軍事協力を強化し、国連平和維持活動、海上護衛、国際的対テロ協力、災害救済活動に参加する(4)公正・合理的・包括的・均衡的の原則に従って、効果的な軍縮・軍備抑制を実現し、世界の戦略的安定を守る??ことを掲げてきた。

 アジア太平洋地域の安全保障には複雑で変化に富むという特徴がある。各国は発展の過程で多くの問題を抱えている。民族・宗教対立も比較的目立ち、時に領土・海洋権益紛争も過熱し、テロリズム、分離独立主義、宗教過激主義の活動も頻繁だ。アジア太平洋各国は地域安全保障協力の強化を差し迫って必要とし、認識も共有しているが、同時に多くの溝も抱えている。過去のシャングリラ対話では見解の相違や衝突も見られた。各国間に見解の相違があるのは正常なことだが、対話をごく一部の国が工夫を凝らして他国を非難する場にすべきではないし、一方的な政治圧力の道具にはなおさらしてはならない。

 「中国の台頭」への米国、日本、インドの懸念に対しては、中国政府は平和発展路線堅持の断固たる決意と国際安全保障協力推進の積極的な姿勢を繰り返し表明している。各国は相互尊重、相互理解、相互譲歩の精神に基づき意思疎通を強化し、相互信頼と協力という全体的な雰囲気が言い争いや非難によって壊されることのないようにすべきだ。非従来型の安全保障問題や領土紛争に対するASEAN諸国の懸念に対しては、中国はアジア太平洋の経済、エネルギー、環境の安全および反テロ協力に積極的に参与する誠意を再三表明すると同時に、地域の安定を保った上で二国間ルートを通じて信頼を強化し、疑念を解き、歴史の残した問題を段階的に解決することを主張している。この過程では、相互信頼を保つことが非常に重要だ。

 シャングリラ対話で梁部長は5日、「中国の国際安全保障協力」について発言し、中国の防御的国防政策および地域安全保障協力の推進、調和あるアジア太平洋の建設に関する政策や主張を全面的に詳述。さらに関係国の防衛当局首脳と対話し、国際平和維持、災害救援、海賊取り締まり分野における中国軍の理念と実践について説明する。これは「開放、自信」という中国政府・軍のイメージを存分に示すものだ。中国の参与は、公平で公正、合理的な新たな国際安全保障対話枠組みの構築にとって極めて重要だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月3日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古