2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:31 Aug 17 2011

菅直人首相、原発事故調査への協力を表明

原発事故調査・検証委員会に出席

 福島第1原発事故の検証作業を行うため日本政府が設置した第三者機関「原発事故事故調査・検証委員会」の初会合が7日、東京で開かれた。12月に中間報告をとりまとめ、来年夏までに最終報告を提出する予定だ。

 菅直人首相は冒頭で「必要であれば自分自身が会合に出席する。調査にも協力する。世界に説明できる報告を期待する」と述べた。畑村洋太郎委員長(東京大学名誉教授)は「原子力のエネルギー密度は極めて高く、非常に危険なものだが、人々はずっと安全と誤って認識してきた」と指摘。今月中に福島第1原発を視察する考えを示した。委員会は原子力の安全管理制度を検証する「社会システムなど検証」など4チームを設置。事故背景などの事実確認、事故への対応、住民の避難措置、情報公開など各方面の調査を行う。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古