2011年6月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 Jun 09 2011

欧米の学者の目に映る中国共産党

「一層の開放と高い学習能力」

「中国共産党はさらに開放された」と、世界的シンクタンクである英王立国際問題研究所のケリー・ブラウン氏は指摘する。ブラウン氏は100回以上の訪中経験を踏まえて、自らの目に映ったこの世界最大の政党のイメージを語った。

 ケリー氏は「中国共産党は情報公開を進め、政権運営の透明性を増し、手続きの規範化を進めている」と指摘する。しかも中国共産党は学習能力に長けており、外国や自党の政権運営経験をたゆまず総括し、学ぶことで、情勢の変化への適応に成功してきたという。

 10数年前、ブラウン氏は外交官だった。「あの時は中国がこれほど急速に発展するとは思わなかった。中共は中国経済を非常に上手く発展させた。これを超えられる者はまずいないだろう」。

 中共建党90周年にあたる今年、国際シンポジウム「中国共産党の建設」(主催:現代世界研究センター、米ジョージ・ワシントン大学)が6、7の両日に北京で開催された。米国、英国、デンマーク、シンガポールなどから出席した学者らは中国問題研究のリーダーと見なされており、国際的知名度も高い。

 中国共産党の開放性について記者が質問すると、出席者からは比較的一致した見解が示された。

 「中共は社会各層に開放された唯一の共産党であり、私営企業家を含むより多くの階層を引きつけている」と、米国の著名な中国問題専門家・沈大偉(英語名:David Shambaugh)氏は評価する。こうした開放的な手法は、中共が変化に適応し続け、積極的に対策を講じて試練を迎え撃つことができることを示すものだ。「今回の国際シンポジウムでは中国共産党の建設について外国の学者との直接的な交流が行われた。こうした開放的な姿勢、意向自体が賞賛に値する」。

 かつて中国で学び、研究活動にも長年従事した沈氏によると、中共による幹部の審査・育成、党員幹部の資質向上も他の国々の政党が学ぶべき点だ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古