2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:31 Aug 17 2011

菅首相の政治の賭け 勝算はいかほどか?

 菅直人首相は巧妙な作戦で何とか命をつなぎとめた。何事も計算が必要な政界で、首相の座は最大の賭けといってもいい。民主党内で次の首相の座をめぐる争いが幕を切った。菅首相はいつ退陣するかまだ明らかにしていないが、民主党内の次期首相候補はいずれも弱点があり、党内の意見は一致していない。党内が混乱すれば、菅政権がさらに延命する可能性もある。「澳門(マカオ)日報」が5日、伝えた。

 日本の菅直人首相は2日、退陣を予告することで党内の反対勢力を抑え、罷免の危機を逃れた。衆議院で採決の結果、ひとまず民主党政権は救われたが、日本の政界の混乱はすぐには収束しないだろう。菅首相は条件付で退陣を表明することで、難を乗り切ったものの、自民党の谷垣総裁が批判するように、いつ退陣するかははっきり説明していない。政局の混乱はまだ続くと思われる。

 ただ、今後の菅政権が自由の利かない内閣であるのは確かだ。なぜなら菅首相が不信任決議案の危機に立たされたのは、大震災への不適当な対応策により震災復興問題が累積し、野党や党内から首相の執政能力を疑う声が高まったためだ。

 菅首相は今回、退陣を約束することで党内議員の支持を得たが、党内の民心が得られたとは限らない。民主党内では政権を勝ち取ったのは容易なことではないし、菅首相がこれまでのように退陣の意思はないと強硬な態度に出ないのであれば、民主党内部はとりあえず彼を支持してから次期首相の候補を推し、民主党政権の運営を持続させたいといった考えが強い。

 菅首相は巧妙な計略により何とか命をつなぎとめた。多くの人が彼を、日本のために大局に立って考えていないというが、彼が計算高いことは認めざるを得ない。菅首相は大学時代にすでにマージャン計算機を発明し、特許も申請している。

 すべてにおいて計算が必要な政界で、首相の座は最大の賭け事といってもいい。内閣不信任決議案の投票を前に、菅首相は賭けに出た。「震災の収束が見えた段階で若い世代に交代する」ことを条件に留任したのだ。それによって6人目の1年未満の首相にならずにすんだばかりか、今月8日、首相に就任して満1年を迎え、「この5年間で任期が最も長い首相」となったのだ。それだけでなく、菅首相は3日、辞表を提出していた政務三役4人の慰留に成功した。

 民主党内の次期首相をめぐる争いはすでに幕を切った。菅首相はいつ退陣するかまだ明らかにしていないが、民主党内の次期首相候補はいずれも弱点があり、党内の意見は一致していない。党内が混乱すれば、菅政権がさらに延命する可能性もある。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古