2011年7月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:34 Jul 28 2011

日本、中国空母の用途を疑問視

アジア安全保障会議で
アジア安全保障会議(シャングリラ対話)で基調演説を行う中国国防部の梁光烈部長

 アジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席した中国国防部の梁光烈部長は7日、基調演説を行った。演説後、「中国が航空母艦を建造するのは本当に単なる防衛のためなのか」という日本の参加者からの疑問に対し、梁部長は「中国の防御的国防政策に変更はない」ときっぱり答えた。シンガポール紙「聯合早報」の電子版が8日、伝えた。

 梁部長は演説で、「国力や軍事力の強弱ではなく、どのような政策を取っているかによって、その国が世界平和に脅威をもたらすかを観察するべき」と語った。

 中国の国防部長がこのようなハイレベルな国際会議で演説するのは初めて。重要な地域安全保障会議で、中国が和を重んじる国であることを強調した。

 参加者は中国の軍事力の発展と意図に強い関心を持ち、ゲーツ米国防長官に対しても中国に絡んだ質問がほとんどだった。7日の梁部長の演説後にも参加者から多くの質問があり、終了予定時間が25分延長された。質問の多くは、中国の軍事的影響力拡大への不安を反映したものだった。

 日本からの参加者が、中国は「言うこととやることが違う」と非難した上で、「中国が航空母艦を建造するのは単なる防衛のためなのか」と質問をぶつけたのに対し、梁部長は「経済が発展すれば、ある程度の経費を国防の発展にあて、国民のゆとりある生活を守るのは当たり前だ」とし、「中国の武器・装備は他の先進国に比べ、まだかなりの開きがある。中国軍の軍事装備は主に第2世代のものだが、先進国の軍備はすでに第3或いは第4世代にまでグレードアップしている。例えば、中国陸軍の装備はまだ完全に機械化されていない。情報化にいたってはようやく始めたばかりだ」と答えた。

 梁部長はさらに、「冷戦的な考え方を棄て、新興国の発展を脅威ではなくチャンスと見なすべきだ」と各国に呼びかけた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月8日

中国国防部の梁光烈部長
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古