2011年6月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:45 Jun 10 2011

米誌:「中国の空母ワリヤーグは単なるクズ鉄だ」 (2)

ロシアの空母

 ◆太平洋はどこも空母だらけ

 再就役したワリヤーグは太平洋に向け航海するはずだが、太平洋上はどこも何がしかの航空母艦が配置されている。米軍だけを見ても、太平洋上に航空母艦5隻を配置している。この5隻の原子空母はカリフォルニア、ワシントン、日本を母港としている。このほか、6隻の水上戦闘艦がカルフォルニアおよび日本にある。米軍の航空母艦の排水量はいずれも7万トン以上であり、艦載機600機を搭載する能力がある。昨年、ゲーツ国防長官は、「米海軍は、その他の国が所有するすべての艦載機の2倍の数を保有している」と述べている。

 これに対し、中国の航空母艦の排水量はわずか6万トンで、戦闘機およびヘリコプタ40機しか搭載することが出来ない。

 その他の国を見ると、日本はすでに排水量1万8千トンの水上戦闘艦を2隻保有しており、1隻が建造中である。これらの水上戦闘艦はヘリコプタ数機を搭載出来るだけだが、将来、垂直着陸出来るF-35Bステルス戦闘機が搭載される。韓国が保有する排水量1万4千トンの航空母艦4隻も、日本の水上戦闘艦と同じく、垂直離着陸機を搭載してくるはずである。オーストラリアは排水量3万トンの航空母艦2隻を建造中だ。タイの軽空母「チャクリ・ナルエベト」は排水量1万2千トンと、数機を搭載出来る規模に過ぎないが、旧型の垂直離着陸戦闘機・ハリアーを搭載可能だ。インドおよびロシアでは、艦載機を搭載する高機能な航空母艦が就役中である。

 合計22隻になる各国の航空母艦はいずれも太平洋上に配置されているか、近い将来に配置される予定のものばかりである。これらの中に、中国が連盟を結成しようとしている国は一つもない。米航空母艦は、日本、韓国、タイ、インド籍の航空母艦と共同演習という形式を採っては、太平洋上によく出現している。今後、ワリヤーグが就役しても、世界一とされる米海軍の戦力に対し、中国はただ目標として見据えるほかはないのである。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月9日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古