2011年6月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:30 Jun 14 2011

英紙「日本には真の政治家が早急に必要」

 英紙デイリー・テレグラフ(10日付)は「日本には国家を指導する真の政治家が必要」と題する記事を掲載した。概要は以下の通り。

 ここ数人の首相の業績から判断すると、菅直人氏が1年間首相の座に残ったのはかなり良い方だ。菅氏は8日にこの節目を乗り越えた。

 菅氏は誠実で勤勉な政治家として知られる。菅氏は民主党の改革を望むも果たせずにいる。派閥間のもめ事と高官任命をめぐる裏の動きによって民主党政権は国民を失望させ続けてきた。

 鳩山由紀夫前首相在任中の9カ月間、民主党は確かに改革と国の建て直しを試みた。だが肯定に値する全ての行動は、普天間基地移設問題における鳩山氏の優柔不断な姿勢の陰に覆い隠されてしまった。

 09年の総選挙で鳩山氏に敗れた麻生太郎元首相は自民党に残っていた名声を使い果たした政客として人々に記憶されるだろう。その前の福田康夫元首相は日本政治の膠着局面を打開できないとして08年9月に辞任した。その前任の安倍晋三元首相はこの不安定な地位にちょうど1年残ったが、彼は名声を得ず、政界になんら美談を残すこともなかった。

 安倍氏が霞んで見えたのには小泉純一郎元首相の存在がある。小泉氏は最近の首相の中では真の政治家としての手腕を最も備えていた。小泉氏は5年5カ月という異例の長い任期を満了し、最後は自ら望んで身を退いた。今日本に必要なのは、このような政治家だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古