2011年6月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:50 Jun 14 2011

解放軍少将:中国の「第一列島線」突破は必然の道

日本メディアが公開した沖縄近海を通過した中国艦艇

 中国の海外利益増大に伴い、海上航路の安全確保が中国経済にとって重要性を増している。著名な軍事問題専門家で中国軍事科学学会副秘書長の羅援少将はこれについて、中国海軍による「第一列島線」突破は必然のことで、合理的かつ合法的だと指摘する。香港紙・文匯報が10日、伝えた。

 ◆合理的かつ合法的な4つの理由

 羅氏は中国海軍が「第一列島線」を突破するが合理的かつ合法的な理由を4つを挙げた。

 第一に、一部の国は軍事力を他国の近辺に動員し、軍事演習を行っているが、誰も非難しないが、中国が定期的な訓練を行うと、大げさに騒ぎ立てるのか?

 第二に、一部の国は海上航行の自由を理由に世界各地でのさばっているのに、どうして中国には自由航行の権利がないのか?

 第三に、一部の国は砲艦政策を運用し、他国に武力行使している。一方、中国は演習は第三国や特定の目標に向けたものではなく、他国に対する脅威となりえないと何度も声明を発表しているのにどうしてダメなのか?

 第四に、中国の国力向上に伴い、「第一列島線」を突破しなければ周辺水域や地理状況が掌握できず、国際支援や海賊対策など従来はなかった安全問題に関わる活動に参加することもできない。

 そのため中国海軍が「第一列島線」を突破することによる、海洋権の保護および国際社会の公共の安全への貢献は計り知れない。

 国際法上では、中国海軍が公海を越えても問題はない。中国軍はこれまでずっと平和な軍事力だった。中国古代の「鄭和の西洋下り」は有名だ。鄭和率いる巨大艦隊は何度も中国南中国海以西の国や地域に出向いたが、一度も世界の脅威となっていない。それどころか中国と多くの国々との友好に多大な貢献をした。中国海軍の定期的な軍事演習が他国に対する脅威になることはない。

 ◆日本海軍の強大な実力

 北京大学国際関係学院の王逸舟副院長は、中国海軍の通常の訓練を深読みする必要はないと指摘する。現在、中国海軍の第一列島線の突破は初歩段階にすぎないため、日本は大げさに騒ぎ立てる必要はない。日本が強大な海軍力を備えていることは誰もが知っている。しかし、公海航行の権利は日本一国にあるのではない。

 海軍力の向上、第一列島線の突破、海洋利益の保護は中国が国家利益を守るのに重要であり、中国が国際貢献を拡大する重要な道でもある。

 中国の経済成長の全体的なプロセスと同じく、軍事近代化は自らの目標に従い歩を進めている。外部の力或いは他国の妨害、拘束によって歩みを止めることはない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古