2011年6月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:42 Jun 14 2011

中国とカザフスタン、包括的戦略パートナーシップの強化を宣言

胡錦濤主席がナザルバエフ大統領とアスタナで会談。

 胡錦濤国家主席は13日、カザフスタンのナザルバエフ大統領とアスタナで会談した。両首脳は両国関係や関心を共有する重大な国際・地域問題について率直かつ踏み込んで意見交換し、重要な共通認識にいたった。また、包括的戦略パートナーシップの強化を宣言した。

 胡主席は「国交樹立以来約20年、双方は歴史的理由で残された国境問題を完全に解決。善隣友好協力条約を締結し、戦略的パートナーシップを構築し、『21世紀協力戦略』を策定した。特に05年7月の戦略的パートナーシップ構築以来、両国関係は包括的かつ急速に発展し、各分野の協力は全く新たな段階へ進み、善隣友好と共同発展の模範が打ち立てられた」と指摘。

 続けて「両国関係が大きく前進し、たゆまず新たな成果を上げているのは、双方が善隣友好と平等・相互信頼の原則、互恵・ウィンウィンと共同発展の目標、時代に合わせた進歩と開拓・イノベーションの精神を堅持し続けているからだ。こうした貴重な経験が、両国関係を継続的に前進させる強大な原動力となっている」と表明した。

 胡主席は「現在、両国の戦略的パートナーシップは包括的発展の新たな段階に入っている。包括的戦略パートナーシップの発展は両国および両国民の共通利益に基づく戦略的決定だ」と強調。包括的戦略パートナーシップの発展について、双方が(1)誠実で信頼し合う政治協力パートナー(2)互恵・ウィンウィンの経済貿易パートナー(3)互いに学び参考にする人的・文化協力パートナー(4)イノベーションに共同で取り組む科学技術協力パートナー(5)団結・互助の安全保障協力パートナー(6)相互指示の国際協力パートナー----となることを提言した。

 ナザルバエフ大統領は「近年来、双方の共同努力の下で両国関係は長足の発展を遂げ、新たな高みへ達した。両国大統領の頻繁な会談は両国関係の発展に重要な役割を発揮している。経済貿易協力は急速に発展し、二国間貿易額の記録は塗り替えられ、中国はカザフスタンにとって最も重要な経済貿易協力パートナーとなった。両国はエネルギー協力でも著しい成果を上げ、石油・天然ガス協力を推し進めている。カザフスタンは非資源分野での両国の効果的な協力を高く評価している」と表明した。

 ナザルバエフ大統領は包括的戦略パートナーシップの発展に関する胡主席の重要な意見に完全に賛同。引き続き確固不動として対中友好政策を遂行し、包括的戦略パートナーシップを共に発展させる考えを表明した。また▽政治的相互信頼の強化▽ハイレベル交流や政府・立法機関交流の継続▽エネルギー、非資源、交通、インフラ、科学技術、人的・文化分野の実務協力の強化▽安全保障協力および国際・地域問題における協議や協調の強化----を提言した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月14日

歓迎式
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古