2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:29 Aug 17 2011

調査:前原氏は次期首相に一番ふさわしい候補者

資料写真

 NHKがこのほど行った世論調査によると、「菅総理大臣の次の総理大臣に誰がふさわしいと思うか」という項目で、元外相・前原誠司氏が一番高い支持率を獲得した。日本新聞網が13日伝えた。

 この世論調査は、NHKが今月10日から12日にかけて、日本の20歳以上の1685人の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で行ったものだ。

 菅総理大臣の次の総理大臣に誰がふさわしいと思うか、現職の国会議員の中から名前を挙げてもらったところ、▽前原誠司氏が7%、▽野田佳彦氏が5%、▽枝野幸男氏が4.2%、▽石破茂氏が2.9%、▽岡田克也氏が2.3%、▽小沢一郎氏が2.1%、▽谷垣禎一氏が1.4%、▽仙谷由人氏が0.9%、▽山口那津男氏が0.9%、▽原口一博氏が0.7%、▽亀井静香氏が0.7%、▽石原伸晃氏が0.5%、▽小泉進次郎氏が0.5%となっている。

 前原氏を支持する回答者の一部は、48歳の前原氏は若くて気迫もあるため、日本を振興する責任を担うことができると考えている。

 また、「菅総理大臣の退陣の時期はいつごろが望ましいと思うか」という項目では、「今月中」と答えたのは31%、「8月ごろまで」と答えたのは25%で合わせて50%を超え、「菅政権は来年以降も続く」と回答した人はわずか19%だった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月14日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古