2011年6月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:26 Jun 16 2011

日米2プラス2、なんと中国に「国際規範の順守」を要求

 日本メディアによると日米両政府は21日午前にワシントンで外務、防衛閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開く。共同発表案の概要も14日に複数の日米消息筋が明らかにした。米軍と日本の地方自治体の災害時の連携強化を明確に打ち出しているほか、国際規範の順守と「責任ある行動」を中国に求め、これを日米の新たな共通戦略目標としている。

 共同発表案は「政府全体のレベルでの両国の情報共有および関連措置が必要不可欠。民間を含む各レベルの協力も強化する」としている。これは福島第1原発事故で日本側が米軍の支援を直ちに受け入れなかったことへの反省に立ったものと思われる。

 共通戦略目標の調整は07年5月以来となる。新たな目標は中国に「国際問題において責任ある行動」を期待し、軍事費の透明性向上と同時に、政策や行動における国際規範の順守を求めている。台湾に関しては、馬英九政権と大陸が良好な関係を保持していることを歓迎。台湾海峡問題の「対話を通じた平和的な解決」を呼びかけ、中国の武力行使を牽制している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古