2011年6月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:35 Jun 17 2011

「中国共産党は各種国内問題の緩和に成功」

----外国人の目から見る中国共産党

 「中国共産党は苦難に満ちた時期も経験したが、200年来なかった安定を中国にもたらし、大多数の中国人の生活を改善させた」「中国は常に社会の安定という問題を強調している。近年群衆事件が増加しているが、中共は現在まで国内の各種問題の緩和に成功し、中国共産党の指導による顕著な成果を無数の中国人に見せている」----。

 中国共産党建党90周年を前に、中国の政権党に関して世界の政治評論家から様々な指摘がなされている。特に注目されるのは、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学アジア研究所のポール・エバンズ所長、オーストラリア・シドニー大学中国研究センターのジョナサン・ハシッド博士の「安定」という視点だ。

 歴史を見れば明らかだ。中国を19世紀以来の長期間の貧窮と衰微から脱却させ、国際社会の軽視を許さない、大いに尊重される「安定の大国」へと変えたのは中国共産党だ。特にここ30数年間の急速な経済・社会発展によって多くの中国人が貧困から脱却し、財産を持つにいたった。「全て」ではないものの多くの問題において自由に考えを表明することができるようになり、公民の手にする機会も倍増した。歴史的チャンスを捉え、「安定を維持して発展を図る」ことは中共のスローガンだが、それ以上に民衆の内心から発せられた願いでもある。

 世界の政治評論家は歴史の細部にも目を向けている。ロシア科学アカデミー極東研究所のママエワ・シニアフェロー、ロシア下院のクプゾフ議員らによると、発展の過程において中国共産党は、実際の状況に基づいて「安定」政策を策定した。1950年代に資本家を完全に消滅させるのではなく、資本家と民族商工業に対して社会主義改造を実行した。1970年代末から改革開放を開始し、無数の合弁会社や中小企業との相乗効果によって試練への対処能力を高め、形式上決定的な意味を持つ新たな経済制度を創造すらした。重要なのは社会情勢の緊張を防ぐことだ。ママエワ氏が指摘するように「中共は常にその時々の国や民族全体の主たる要請に応えることで、全国の知識階層や民衆から支持を得てきた。そのため中共は今日も中国を指導する力の中心であり続けている」のだ。

 国内外の新たな情勢、新たな試練を前に、発展と変革の過程にある世界第2の経済大国は、間違いなく数多くの難題を抱えている。貧富の格差、深刻な水不足、動力不足、不動産価格高騰、食品の安全管理上の欠陥、不平等の拡大。これらはいずれも気をつけなければ安定を脅かす深刻な問題につながる恐れがある。世界の政治評論家は中共指導部が社会保障の強化を頻繁に指示し、最近では社会管理の革新によって不安定要素を取り除くよう何度も強調していることに注目している。

 国際世論は民生改善分野での中国の進展に等しく注目している。都市と農村の壁を打破し、新立ち退き条例の制定において幅広く民意を募り、中低所得者向け住宅の建設を全面的に加速し、雇用を増やし、給与水準を上げた。ワシントン・ポスト紙は「中共の正しい政策は新富裕層とホワイトカラーから支持されている」と指摘。ニューヨーク・タイムズ紙も「国際的基準から判断しても、中国人は自らの生活に満足している」と指摘している。ファンフル元在中国スペイン大使館商務参事官は「中国のエリートと話すと、彼らがなぜみな中国の政治制度と中国共産党の地位を支持しているのかがわかる。それは中国は数多くの圧力や衝突を抱えていること、そして中共が安定の最大の保障であり、強大な共産党がなければ不安定や混乱の危険性が大幅に増加すること、そしてそのような状態が幸福な生活とはかけ離れたものであるからだ」と指摘する。

 「中国には食品安全の問題があるが、他の国々と比べ深刻なわけではない。中国のおもちゃには設計上の問題があるが、これは技術を持つ企業に一定の責任があり、それは多国籍企業であることが多い。中国の国防整備はある程度脅威に映るが、一部の国よりも遥かに軍事費が少ないという視点からも見る必要がある」----。冷静に中国を観察した結果、エバンズ氏はこのように考えている。世界の有識者は、中国を安定の中で発展させることが、中華民族にとっても世界全体にとっても重要であることを熟知している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古