2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:28 Aug 17 2011

すでにありふれた日本の「首相交代」

写真:(左から)菅氏、枝野氏、岡田氏、前原氏

 「首相の頻繁な交代」は日本政治の特色だ。あるメディアのまとめた統計は、日本が全世界で最も首相交代の頻繁な国であることを示している。初代首相である1885年の伊藤博文から現在までの100年余りで、すでに100人近くが交代。平均任期は1.35年、最短は羽田孜氏の64日間だ。日本の首相交代はすでにありふれた話となっている。人民日報海外版が伝えた。

 現職の菅直人首相の地位は地震前から極めて危うかったが、地震後は国を挙げて震災に対処するために退陣が先延ばしされた。だが3カ月後に「首相交代」の呼び声が再び高まり、首相も明確に辞意を表明した。

 民主党内では次期首相擁立の動きが起きている。次期首相と目される閣僚は自らの姿勢を次々に表明。野田佳彦財務相は党代表選に出馬するかどうかは明らかにせず、党内団結の必要性を強調した。鹿野道彦農林水産相は若手起用を訴え、党務掌握への関心をほのめかした。新首相に就任して日本政治を混乱から救えるのは誰か。NHKが先日1681人を対象に行った電話アンケートでは、前原誠司前外相が「次期首相に最もふさわしい政治家」として最高の支持率(7%)を獲得。野田佳彦財務相(5%)、枝野幸男内閣官房長官(4.29%)が後に続いた。小沢一郎元民主党代表は2.1%だった。

 米ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)は次期首相に関する記事で「前原誠司氏は国防と外交に精通したタカ派の人物で、菅氏の打ち出した消費税引き上げの財政再建策を支持している。だが今年3月に日本では違法とされる外国人からの政治献金問題で、外務大臣辞任に追い込まれた。民主党を再び掌握する可能性のあるもう1人の人物が、党内第2位で現在57歳の岡田克也幹事長だ。前原氏とバックグラウンドは似ており、同じく外務大臣や民主党代表を歴任し、財政改革にも賛成している。世論調査でのダークホースは枝野幸男官房長官だ。枝野氏は大地震発生後に政府の震災対策を代表する人物となり、次第に政治スター化した。弁護士出身の枝野氏は連日疲れ知らずの様子で被災情況を記者に説明し、一部国民の支持を得た。一方、菅氏は危機発生後の最初の数日間、全国に向けた演説をほとんど行わなかったため強い批判を浴びた」と報じている。(編集NA)

 現在のところ首相交代は確実だが、誰に交代するかはまだわからない。

 「人民網日本語版」2011年6月17日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古