2011年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Jun 21 2011

時代の変動の中で成し遂げた「中国の快挙」

 19世紀末にニューヨーク・タイムズ紙は「大清国は不潔で醜い国であり、その存在は時代の過ちだ」と報じた。21世紀初めの今日、西側メディアは「中国は戦火に蹂躙され尽くした貧しい国から経済・外交大国へと生まれ変わった」「世界はすでに『中国の時代』に入っている」と感慨深げに報じている。

 1840年から百数十年で「時代の過ち」から「中国の時代」へ。西側世界の目に中国は全く異なる2つのイメージで映ることとなった。これは過去300年間世界を欲しいままにしてきた西側文明が中華文明を観察する時の2つの全く異なる座標でもある。2つの「時代」を貫くものは、蹂躙されながらも近代化を急ぎ、困難かつ華麗な転換を果たした東洋の古い国の巍然たる姿であり、数千年間世界をリードしてきた中華文明が没落を経て変動と融合の中で世界の焦点に復帰した再生の過程である。

 この170年のうち、不思議な変化が生じたのは中国共産党成立後の90年間である。この90年間に中華民族は「千年間なかった変化」を経験した。中国共産党は天下の形勢を一変させたのみならず、明るい未来を目指し世界の賞嘆する「中国の快挙」を追い求め続けた。

 中国近代化の苦しい過程を振り返ると、それは亡国・滅亡の境地から始まった、迫られた自己強化である。中国共産党は国家の興隆、民族の復興、人民の富裕という夢を現実のものにするには、まず分裂した国家を統一し、民族の独立と人民の解放を追求し、近代化への数々の障害を除去しなければならないことを心得ていた。

 「中国式の境遇」があれば「中国式の探索」がある。中国共産党はできあいの解答のない「中国はどこへ向かって行くのか」という時代の問題をしっかりと押さえ、農村から都市を包囲し、政権を武装奪取する中国革命の道を見出し、中華民族を滅亡から救うという100年のテーマを28年で完成させ、中華民族の偉大な復興の歴史を切り開いたのである。歴史の新たな時期において、中国の実情に沿い、中国を成功へと導き、人民に幸福をもたらす中国の特色ある社会主義路線を見出し、西側先進国が100年以上かけて歩んだ道を数十年で駆け抜け、近代化を追うという「中国のスピード」を創出した。
 
 不思議な物語のような偉業は中国共産党の手で成し遂げられた。世界は新時代の「中国の快挙」に興味を募らせ、謎解きに取り組んでいる。中国が西側先進国のような戦争の輸出や対外略奪をせずに、自国内で全ての矛盾や難題を消化して、13億の人口大国の台頭を実現できたのはなぜか?経済は崩壊の瀬戸際から世界第2位への躍進を成し遂げ、人民の生活は衣食に事欠く状態から全体的にややゆとりのある状態への歴史的改善を成し遂げられたのはなぜか?近代文明の激しいインパクトを前に、中華文明はどのような自己揚棄と文明吸収によって文化的自覚、文化的自信、文化的自己強化を回復したのか?

 問題は尽きず、様々な視点があり、答えにも違いがある。だが中国人は自らに適した道を歩むことが最良だと心得ている。他人の長所を吸収すると同時に、自らの強みを放棄しない。マルクス主義の基本原理と中国の実情を結合することで、中国の道ははっきりとした。社会主義制度の優勢と市場経済の活力を融合することで、他に類を見ない経済力が発揮された。一定の意味において、「中国の快挙」とはまさしく中華文明と人類のあらゆる優秀な文明の激しい融合の産物であり、まさしく中華文明の備える独特の包容力、統合力を示すものなのである。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古