2011年6月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:36 Jun 22 2011

キッシンジャー氏「今世紀中に中国が米国に取って代わることはない」

資料写真:キッシンジャー氏

 ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官は17日にトロントで2700人余りの専門家を前に「21世紀において中国は自己抑制を会得すべきだ。一方米国は自らの新たな位置づけを会得し、台頭を続ける中国に適応すべきだ」と表明した。「La Agencia EFE,S.A.」が伝えた。

 1970年代に米国が中国に対して扉を開く手助けをしたキッシンジャー氏は「今世紀中に中国が世界をリードする強国になることはない」「今世紀中に中国が米国に取って代わり世界最大の強国になることはない」と指摘。一方、ハーバード大学のニール・ファーガソン教授らは明らかに反対の意見だ。

 キッシンジャー氏は「米国は注意深く選択をすべきだ。越えてはならない一線を中国に越えさせては断じてならない」「米政府は自国が世界の海洋を自由に航行する権利、特に中国関連海域での航行権を断じて放棄してはならない」と強調。「われわれは全く新たな世界秩序に足を踏み入れつつある。われわれの慣れた世界秩序とは多少異なるものだ。この新たな秩序において中国はますます重要な役割を発揮することになる」と述べた。

 米CNNのファリード・ザカリア氏は「今後数年間に直面する国内問題が、中国が世界の主要な強国になることを阻む」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古