2011年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Jun 23 2011

日本人学者が語る中国共産党創立90年

 中国共産党創建90周年の記念日を前に、中国共産党史を研究する学者が中国新聞社の取材に応じ、中国共産党の発展に対する見解を述べた。

 ◆ひとつの政党が90年間持続するのは容易なことではない

 東京大学の高原明生教授は長年日本政府の対中政策顧問を担当し、李鵬前総理や温家宝総理と面会したことがある。その高原教授は中国の指導者に対して、威風堂々とし、生気が漲っているという印象をもつ。過去90年にわたり中国共産党は人を敬服させ、歴代指導者が数々の難題を見事に解決し、中国共産党の建党時の理念を保ちながら、世界の発展の潮流にそってきた。

 慶応義塾大学の高橋伸夫教授は、「ひとつの政党が90年間持続するのは容易なことではない」とし、「中国共産党と同時期に成立した世界各国の共産党はすでに消えるか、衰退している。にもかかわらず、中国共産党は依然として旺盛な生命力を維持している。その根本は中国共産党の気風と強大な適応能力にある」と指摘する。

 北九州市立大学の横山宏章教授は「中国共産党が今日まで続いたのは絶えず時代の流れに順応してきた結果だ。中国共産党は団結の幅を広げ、社会の精鋭を呼び込み益々発展している」と語る。

 島根県立大学の宇野重昭名誉学長は、「幹部育成と選抜制度が中国共産党の生命力の一因だ。中国共産党の高級幹部は通常、末端で長期間訓練を受けるため、その能力はいずれも高い。また、後継となる青年の育成も重視し、若い生命力をどんどん注ぎ込んでいる」と話す。

 ◆90年の発展の成果

 中国共産党90年の発展の成果について高原教授は、中国共産党の90年の過程が容易ならざるところは誰もが認めるところだと指摘。特に1976年以降、社会は安定し、人々の生活水準は日増しに高まった。こうした中国共産党の貢献は誰も否定できない。13億人を抱える大国が安定と秩序を維持し、人々が飢えないこと自体、中国共産党は中国および世界に多大な貢献をしている。改革開放後、中国経済は急成長を続け、今や世界の経済成長をけん引し、世界経済に重要な貢献を果たしている。

 宇野教授もまた、中国共産党が国家統一と社会の安定を持続すると同時に、高度経済成長を実現させたことは、第三世界のすばらしい模範となるとの見方を示した。横山教授は、「中国共産党の指導の下、中国経済は巨大な発展を果たした。この成功は世界、特に発展途上国に、国情に合った政策を実施すれば自らも発展する可能性があるということを証明した。これは発展途上国にとっては力強い激励であり、彼らの発展への自信を強めることにつながる」と言及した。

 将来的な展望について高橋教授は、中国共産党は現代中国にとってかけがえのない存在価値があり、中国共産党のほかに今のところ他に中国をうまく治めることができる力はないとの認識を示した。日本では近年、中国共産党に関する研究の重要性が意識され始めているという。07年に文部科学省は「現代中国研究拠点」プロジェクトを実施、現代中国研究に特別資金を支援している。現在、慶応大を含む6つの大学と研究機関が参加しているという。高橋教授は、中国共産党を研究せずには現代中国を理解することはできないとし、今後、中国共産党を研究する人材をより多く育成していきたいと語った。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古