2011年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:49 Jun 23 2011

国際社会、中国共産党の巨大な経済的成果を積極的に評価

 中国共産党創設90周年を前に、海外のメディアや専門家は中国の経済的成果に対して、次々に積極的な評価を表明している。

 米ロサンゼルスで発行されている中国語紙「中華商報」は社説で「中国共産党の政権獲得以来、中国は飛躍的な近代化を遂げ、各分野が揃い、高い国際競争力を備えた近代工業システムを確立した。中国はすでに世界最大の輸出国、第2の輸入国、世界最大の外貨準備国、第2の外資導入国、重要な資本輸出国となっている。中国は世界の7%の耕地によって世界の5分の1の人口の食の問題を解決し、人民の暮らしを根本から変えた」と指摘した。

 アフガニスタン・カブール大学経済学部の賽義夫丁・賽義洪(音訳)教授は「中国共産党による指導の下、中国は実際の国情に基いて改革措置や経済政策を講じ、腐敗を取り締まり、外資の投資を促した。経済成長率は過去10年間8%以上を維持し、人々の生活水準は大幅に向上した」と述べた。

 バーシェフスキー元米通商代表は「中国経済は非常に弾力性がある。特に経済危機の際に、中国は他の国々ほど大きな影響を受けなかったうえ、非常に早く回復し、世界経済成長のエンジンになった」と指摘した。

 国連貿易開発会議(UNCTAD)投資・企業局の詹暁寧局長は「世界で最も規模が大きく、最も成長の速い発展途上の経済体である中国は国際社会において、より公正で、開発問題の解決により資する世界経済ガバナンスの枠組みの構築を積極的に主張している。これも南南協力に積極的な影響をもたらすものだ。中国は現在ASEAN最大の貿易大国であるだけでなく、アフリカ最大の貿易相手国、重要な外資導入元にもなっている」と述べた。

 ジンバブエのルガレ・ガンボ元農業大臣は「中国はウィンウィンを協力の前提にして、国際社会で多くの協力パートナーを獲得している。中国の理念はウィンウィンであって征服ではない。協力パートナーを対等に扱い、協力を確保することは双方にとってプラスだ」と述べた。

 ロシア科学アカデミー極東研究所のチタレンコ所長は「中国共産党はイデオロギーと階級闘争の桎梏から脱し、民族資本と外国資本、国有経済と私有経済に平等な競争環境を創出し、中国経済の発展に巨大な原動力を与えた。この方面での中国の経験は世界全体、特に貧困からの脱却を望む国々にとって重大な意義を持つ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古