2011年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:49 Jun 23 2011

中央紀律検査委員会が汚職対策について会見

 中共中央対外宣伝弁公室は22日にプレスブリーフィングを開き、中国共産党による反腐倡廉(汚職に反対し、清廉を唱える)の取り組みについて説明した。また、呉玉良・中央紀律検査委員会副書記が国内外の記者の質問に答えた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 ■「劉志軍事件」は依然調査段階

 中央紀律検査委員会は今年2月、劉志軍・前鉄道部長による紀律・法律違反問題の立件調査を発表した。国内外メディアはこのニュースに直ちに注目した。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の質問に呉副書記は「劉志軍事件は依然調査段階にある。調査終了後に情報を公表する」と述べた。

 「劉志軍事件」の教訓に関する質問に、呉副書記は「わが党はかねてより各級党・政府指導層トップの教育、管理、監督を強く重視し、効果的な措置を多く講じてきた。例えば『中国共産党党内監督条例(試行)』の公布、中央と各省(自治区・直轄市)共産党委員会によるパトロール機関の設置、中央紀律検査委員会による中央国家機関駐在機構への統一的管理の実施などだ」と述べた。

 呉副書記は「昨年中央は『中国共産党党員・指導幹部の廉潔な政務に関する若干の準則』『党・政府主要指導幹部と国有企業トップの経済責任監査規定』を施行し、指導幹部の監督・制約の仕組みをさらに整備した。これらの措置の実施によって各級党・政府指導幹部、特にトップへの監督が的確に強化され、良好な効果を上げた」と述べた。

 「劉志軍への調査・処分は、まさにわが党・政府の汚職対策への断固たる決意、汚職対策のたゆまぬ強化を物語るものである。汚職分子に対しては、それが誰に関わろうとも、徹底的に調査し、決して寛大な措置は取らない」と、呉副書記は国内外の記者にきっぱりと表明した。

[1] [2] [3]

呉玉良・中央紀律検査委員会副書記
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古