2011年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:19 Jun 27 2011

中国の平和的発展は世界に資する

 「中国の平和的発展は世界にプラスの影響をもたらす」と、ベルギー・ハッセルト大学マイクロエレクトロニクス研究センターのリュック・クラッソン教授は人民日報の取材に答えた。

 クラッソン教授は「中国の平和的発展は注目すべき成果を上げた。中国はすでにかなり国際化されているが、中国およびその発展に対する欧米人の理解は深くない。欧米は『郷に入っては郷に従う』姿勢で中国を理解し、協力の機会を模索すべきだ」「私は訪中を重ねることで、中国で大学教育の水準が高まり続けており、科学研究人材が多いことを理解した。中国は経済、教育、科学技術分野で長足の進歩を遂げた。中国は世界においてその一挙手一投足が決定的な影響を及ぼす地位にある。これは平和的発展の必然的な結果だ」と述べた。

 クラッソン教授は中国と欧州の文化・科学技術交流面への理解も深い。現在、ハッセルト大学は浙江大学と協力事業を行っており、クラッソン教授の愛弟子も今年半年間の中国研修に参加する。クラッソン教授によると両大学は博士課程の学生の交換留学の形で、主にマルチメディアやマルチスクリーン・モニタリングシステムの開発で協力している。両校に指導教授を持ち、卒業時には両校の博士学位を取得することができるため、両国の学生にとって大きな魅力だ。クラッソン教授は15年前に「電子ペン」を開発したが、残念なことに特許を買い取った企業は経営状態が思わしくなく倒産してしまった。クラッソン教授は現在中国のハイテク企業多数と協力しており、自らの研究成果が中国で産業化されることを望んでいる。

 クラッソン教授は2000年に北京で世界コンピュータ大会に出席した際のことを思い起こし「中国の主催者の示した専門レベル、科学技術に対する中国政府の真剣な姿勢に、中国の科学技術の未来を見た。中国はコンピュータ、ソフト、チップの設計、教育やマネジメントへのコンピュータの応用など専門分野で大きな進歩を遂げた。ここ数年はIT産業も大きく発展し、現在中国はネットユーザーの数で世界トップだ」と述べた。

 さらに「中国はITやマイクロエレクトロニクス技術の水準も高く、中国の大学の論文を米国の専門誌でよく目にする。これは中国の科学技術人材による世界への貢献だ」と指摘。「中国の友人から私は多くを学んだ。中国人は勤勉で、進んで仕事をし、その効率も高い。中国人は『家』と『和』を重視している。こうした民族は結束力がある」と述べた。

 クラッソン教授は中国の発展に強い関心を寄せており、「今年は第12次五カ年計画の最初の年だ。中国政府は中国経済の持続可能な発展を立派に計画し、推進すると信じている。中国の平和発展路線は世界に資する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年6月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古