2011年6月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:34 Jun 28 2011

日本留学、青年周恩来が革命に身を投じる契機に

青年周恩来

 1917年9月、抜群の成績で天津南開中学を卒業したばかりの周恩来は、求学報国という壮大な理想を抱きながら、日本行きの汽船に乗り込んだ。しかし、わずか19歳の周恩来にとって、日本での学問探求の道は決して平坦ではなかった。「光明日報」が伝えた。

 時の中国は、軍閥が混戦する暗黒の時代にあり、帝国主義列強とくに日本に陵辱されていたことで、熱血の周恩来は心を静めて学ぶことはできなかった。日本の大学には合格はしなかったものの、日本に1年余りとどまった経験はむしろ周恩来が社会主義思想に接し、革命に身を投じる志を立てる重要な契機となった。

 日本の小学館出版の「周恩来?19歳の東京日記」を開いてみると、青年時代の周恩来が東京で暮らしていたときに体験した生活の窮迫、孤独な思い、思想上の苦悶が伝わってくる。周恩来は東京に着くと、神田区中猿樂町七番地にあった「東アジア高等予備学校」に入り、学んだ。20歳にならない青年が肉親と遠く離れ、異国の地で孤独を感じるのは想像できる。家庭が貧しいうえに政府の奨学金もなかったことから、常に生活を心配し、東京の住まいも引っ越してはまた引っ越しだった。そうしたなか、周恩来をより悩み苦しませたのは、当時の中国が混乱の時代にあり、理想にあふれてはいても、国恩に報いるに門はないと感じたことだ。

 1918年1月23日、周恩来は日記のなかでこう記している。きょうの朝、新聞で昨日の日本の国会の状況を知って非常に感慨を覚えた。現在、わが国にはまだ国会はなく、将来、新しい国会であれ、古い国会であれ、いずれも能力はない。人びとの水準、常識はいつもこのようであり、どうしたら優れた国会を持つことができるのだろうか。役人のなかで何人が本当に国家を第一に考えているのだろう、思えば本当にとてつもなく恐ろしい。夜、再び梁任公の文集を手にして眺めた。「十年以後当思我、挙国如狂欲語誰。世界無窮願無尽、海天寥廓立多時(10年後に自分を思うと、国を挙げて狂ったごとく誰かを語ろうと欲している。世界は尽きることなく願いは無限であり、海と天は広々として佇むことどれほどか)」。いくつかの詩句を読んで、涙が出そうになった。突然また、任公がこの詩をつくったときのことを思い、27か28歳にすぎず、自分はすでに馬齢重ねて19歳になりながら、何事も成しとげておらず、学問はまだ入り口にも至っておらず、あろうことか本当に先輩に恥ずかしい。

[1] [2]

周恩来(後の右から1人目)が日本で留学した時、クラスメートとの記念写真
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古