2011年7月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:40 Jul 01 2011

90歳の中国共産党、なぜ「90年代生まれ」を引き付けるのか

 中国共産党創設90周年にあたり中共中央組織部が発表した数字によると、昨年の全国の新規入党者数は307万5000人で、その40.2%にあたる123万6000人が大学生、81.8%にあたる251万6000人を35歳以下の党員が占める。また、教育部が全国140大学の学生2万5000人を対象に行った調査では、大学生の8割近くに入党の意思があった。

 この2つのデータは、現代の青年の心の中で、入党が人生の重大な選択となっていることを示している。この選択の背景には、中国共産党への賛同、そして現在の中国という国家と社会への賛同がある。波瀾万丈の90年間を歩んできた1つの政党が、このグローバル化と情報化の時代に、依然として若い世代に対してこのように強くひきつけ、呼び寄せる力があることは間違いなく感嘆に値する。

 1921年の第1回党大会に出席した13人の平均年齢は、わずか28歳だった。革命戦争の時代に命を捧げた2000万人余りの烈士も、大多数がまだ人生の喜びを味わっていない若者だった。無数の若者が偉大な事業のために青春と命を捧げた。共産党は創設当初から青春の政党だったのである。まさに党創設者の1人である李大釗が言ったように、「青春の私」が「青春の国家、青春の民族」を築いたのである。青春はなおさらに信奉のために激しく揺さぶられ、理想のために捧げられる傾向がある。まさに無数の若者が暗い夜の中で孜孜として求め続け、模索の中で続々と前の者に続き、前進の中で諦めなかったからこそ、共産党は90年の時を歩んでもなお生命力と活力に満ち、青春の情熱と魅力を保っているのである。

 「世界は君たちのものであり、私たちのものでもある。だが結局は君たちのものとなる。君たち青年は若々しくはつらつとし、朝8時、9時の太陽のように、まさに眩しい時代にいる。希望は君たちに託されている」。青年を選択することは未来を選択することであり、青年の選択は未来の選択である。90年を歩んだ党の未来も、同様に青年の信奉の中にあり、青年の双肩に託されている。この信念の追求者、使命の担い手は「80年代生まれ」「90年代生まれ」、さらには「2000年代生まれ」なのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月1日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古