2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Aug 17 2011

菅首相、内輪で新たな火種 弱り目にたたり目

 弱り目にたたり目。菅直人首相は今まさにその渦中にある。退陣要求の対応に悪戦苦闘しているところへ、また新たな火種が増えた。松本龍復興対策担当相の被災地での「上から目線」の発言に、各界で波紋が広がり、松本氏は辞任を余儀なくされた。辞任は、就任からわずか9日目となる。もともと内閣を調整することで揺れる政権を固めたかったのだが、逆に菅政権に砲弾を一発撃ち込む結果となった。解放日報が伝えた。

 菅内閣での閣僚辞任は、松本氏が初めてではない。政権発足からこれまですでに4人の大臣が辞任している。亀井静香氏が郵政改革法案の今国会成立を断念し自主的に金融・郵政改革相を辞任した以外、他の3人はいずれも小さな事で辞任している。柳田稔法相が「国会軽視」と取れる発言の責任を取って辞任。前原誠司外相は政治献金問題で辞任に追い込まれた。今回はそれに被災地の反感を買った松本龍氏が加わった。

 こうしたことが続くと、菅氏の不適切な人選にため息がでるが、その背景には適切な人がいないという現実があるのかもしれない。民主党は政権を握って間がなく、数十年にわたって天下を治めてきた自民党に比べてもともと役立つ人材が限られている。さらに民主党はしょっぱなから内部のもめごとが絶えず、小沢派が党内の実権を握り、菅氏は“反小沢派”といわれ、小沢派の議員が首相に反発することになる。こうした状況にあって菅氏の人選は困難を極める。

 人材問題に加え、経験不足も民主党が頻発する問題を回避できない要因となっている。普天間基地移転問題での矛盾した言動、東中国海問題での軽率なふるまい、原発事故問題での失策、どれもそのことを証明している。松本氏の今回の失言を日本のメディアは、国会で反対することに慣れ、発言があまりに好き勝手だと皮肉っている。

 一方、松本氏の辞任を別の視点から解読する人もいる。自民党の谷垣禎一総裁は、「松本さんはやる気を失っているのではないか。もう菅さんの下 でやっているのは嫌だ、という表現だと思う」との認識を示した。この言葉は対岸の火事ではあるが、まったくそうではないとも言い切れない。菅首相は8月末に退陣を表明しているため、松本氏の任期も長くて2カ月ということになる。復興担当相は責任重大だ。メディア、与野党、被災者の目が注がれる。もうすぐ辞任する首相のために骨の折れる仕事を引き受けることになる。

 松本氏の辞任によってさらに苦しい日々が待っている菅首相。共同通信は、民主党内からの早期退陣圧力が一段と強まりそうだと伝えている。一方、菅首相はさらに「居座り」続けるという声もある。2011年度第2次補正予算案が衆議院で審議入りする。自民党は反対の意向を固めている。菅内閣がこの難関を克服できるかに注目したい。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年7月6日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古