2011年7月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:07 Jul 20 2011

中日議会交流委員会第6回会合が開催

議会交流は中日関係の改善・発展に重要な役割を発揮

 中国の全国人民代表大会(全人代)と日本の衆議院による中日議会交流委員会の第6回会合が6日、東京で開かれた。中国側は李建国・全人代常務委員会副委員長、日本側は川端達夫・衆院議院運営委員長が団長を務めた。

 双方は中日関係、議会交流、経済・貿易協力、環境保護・エネルギー協力、東日本大震災の復興、防災協力、人的・文化交流、世界や地域の重要問題について幅広く、踏み込んで話し合った。

 双方は持続的な改善・発展という現在の中日関係の良好な基調を積極的に評価。長期的に安定した健全な中日関係の発展が両国および両国民の根本的利益に合致し、地域と世界の平和・安定にも寄与するとの考えで一致した。また、現在の好機を捉えて両国首脳間の共通認識をしっかりと実行に移し、政治的相互信頼を強化し、互恵協力を深め、国民間の感情を改善し、敏感な問題を適切に処理し、中日戦略的互恵関係を不断に深め、来年の中日国交正常化40周年に向けて良好な雰囲気を醸成すべきとの考えで一致した。

 中国側は東日本大震災の犠牲者への深い哀悼の意と被災者への心からの見舞いの意を表した。日本側は中国の社会各界からの見舞いと援助に心からの謝意を表明した。

 双方は議会交流が中日関係の改善と発展に果たす重要な役割を十分に評価した上で、議会の定期交流制度を引き続き強化・深化し、若手議員を中心に両国議員間の理解や親善を深め、両国の戦略的互恵関係の発展に新たな貢献を果たす考えを表明した。また、次回会合を来年中国で開くことで合意した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月7日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古