2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:23 Aug 17 2011

香港紙:菅首相はどうして居座り続けるのか?

 菅直人首相の退陣を迫るため、与野党はありとあらゆる手を使い尽くした。長年の政治混乱、特に大地震と原発事故を経験し、社会の安定、震災復興が民意の主流となっている。大多数の国民が菅首相に不満はあるが、今この大変な時期に政治を混乱させるような人物はそれ以上に人心をつかむことはできない。菅氏が「居座り」続けるのも、この点を見抜いているからだ。香港紙・大公報が6日、伝えた。

 松本龍復興担当相が被災地の岩手・宮城両県を訪れた際、暴言を吐き、就任9日目にして辞任した。これは震災復興を最後の賭けとする菅内閣にとって大きな打撃となったことは間違いない。反対派や民主党内から「任命責任追及」の声が上がるは必至だ。新たな退陣要求の波が起こり、菅内閣は今後さらに苦しい状況に追い込まれる。

 菅直人首相の退陣を迫るため、与野党はありとあらゆる手を使い尽くした。このほど訪中の意向を示したことに対しても、外交を言い訳にした新たな「居座り」画策だとの批判が出た。官房長官が慌てて「菅首相は長く居座る気持ちはない」と弁明し、近い将来、若い世代に引き継ぎたいと話しているという。菅内閣の退陣の具体的に時期については明らかにしなかったものの、菅首相は来年辞任するのではないかといううわさはとりあえず収まった。

 菅首相が歩んできた道は確かに平坦ではなかった。1年前、財務大臣兼民主党代表だった菅首相は辞任した鳩山由紀夫首相に代わり、日本の第94代首相に就任した。しかし首相就任を祝う間もなく、民主党は参議院選挙で惨敗し、参議院の支配権を失った。首相に就任するや内閣不信任決議案が提出され、政治の前途に終止符が打たれた。その後、その終止符が彼につきまとうことになる。

 この1年、菅首相は「消防士」の役割を演じ、常に「消火」にあたってきた。鳩山政権時代に冷え込んだ日米関係は徐々に回復し、中日間は釣魚島(日本名・尖閣諸島)沖の船舶衝突事件で再び波紋が起き、菅内閣は強硬な外交措置を取ってきたが、好転するどころか日本をこれまでになく危うい状況に陥れた。中日関係はまだ修復していないのに、ロシアとも領土問題が勃発し、北方の隣国の凄まじい剣幕に菅内閣は手の施しようがなく、すぐにしり込みした。多くの閣僚が日本の政治の風向きを嗅ぎわけ、次々と彼から去っていき、菅氏は孤立無援となった。日本の大地震は菅氏に再起の機会を与えたが、それをうまくつかむことができず、災害復興支援の過程で人々から不満の声があがった。さらには原発事故への不適切な対応で世界に影響を与える放射能問題を引き起こすことになった。菅内閣に最大の危機が迫ったのは1カ月前。内閣不信任案決議で、菅氏はちょっとした計略を使い、「メドがつけば辞任する」という言葉で何とか危機を乗り切った。

 菅内閣はずっと行き詰まっているという印象があるが、つまずきながらも前へ進み、依然として倒れずに立っている。菅氏は首相就任からすでに満1年経っており、今辞任したとしても、長年の政界の記録を破り、来年までねばれば、毎年首相が交代する日本の政治の常態を変えることになる。

 菅氏は確かに記録を打ち立てる政治家だ。日本の政治家の権力に対する執着が想像を絶する。権力さえ確保できるなら、どんな手段でも使うのは当たり前だ。

 長年の政治混乱、特に大地震と原発事故を経験し、社会の安定、震災復興が民意の主流となっている。大多数の国民が菅首相に不満はあるが、今この大変な時期に政治を混乱させるような人物はそれ以上に人心をつかむことはできない。菅氏が「居座り」続けるのも、この点を見抜いているからだ。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年7月7日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古