2011年7月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:27 Jul 08 2011

改革開放を深める中で「中国の道」をしっかりと歩む

 何年かのちに振り返れば、われわれは改革開放という決定が現代中国の命運の鍵を握る選択であり、中国の発展にとって極めて深遠な影響を持ち、中華民族の復興にとって計り知れない意義を持つものだったことに気づくだろう。

 7月1日の重要演説で胡錦濤総書記は「わが国の過去30数年間の急速な発展は改革開放に支えられたものである。わが国の未来の発展も確固不動として改革開放を支えとしなければならない。党の90年間の輝ける歩み、特にここ30数年来の歴史は、中国の特色ある社会主義の堅持と発展、および中華民族の偉大な復興の実現において、改革開放が必ず通らなければならない道であることを十分に明らかにした。中国の特色ある社会主義の道においても、現代化の全行程においても、改革開放を常に貫き、全面的に推し進めなければならない」と奥深く指摘した。

 この30数年、改革開放は苗に降り注ぐ春雨のように歴史的な大変化を促し、中国を貧しく立ち後れた国から世界第2の経済大国へと押し上げ、人民の生活を衣食に事欠く状態からややゆとりのある状態へと改善し、中国の総合国力と国際的影響力を著しく高めた。こうして社会主義中国は世界の東方に高くそびえ立ったのである。

 この30数年間を党の90年の歴史の中で考察しても、1840年以来の170年余りの歴史の中で把握しても、人類文明の過程の中で観照しても、改革開放は不朽の功績であり、画期的な意義を持つ。改革開放を通じて、中国共産党は人民を率いて中国の特色ある社会主義の道を切り開いた。この道は中国の国情に合致し、中国の進歩を導く現代化の道である。この「中国の道」の成功は共産党員にとっては、国の富強、人民の富裕、民族の復興へ通じる正しい道を見出したことを意味する。近代以来の人徳ある志士にとっては、朝野が志を曲げずに求めてきた近代化の夢にはっきりとした道筋がついたことを意味する。近代化の道を模索する世界の国々にとっても、有益なノウハウと啓示を提供するものだ。

 われわれはすでに偉大な成果を上げたが、われわれの遠大な目標、素晴らしい生活への人民の期待とはまだ開きがある。われわれはすでに前進の道を切り開いたが、まだ平坦な道ではない。改革開放があってはじめて、社会の生産力を引き続き解き放ち、発展させ、科学的発展を妨げるあらゆる思想・観念および体制・メカニズム上の障害を打破し、中国の特色ある社会主義事業の推進に強大な原動力を与えることができる。改革開放を推し進める中で「中国の道」をしっかりと歩んではじめて、中国は富強・民主・文明・調和の社会主義現代国家を建設し、中国人民はより誰もが、より高い水準で尊厳ある幸せな生活をおくることができる。

 改革開放を推し進める中で「中国の道」をしっかりと歩むにはどうすればよいか。胡総書記は演説の中で重大な戦略的道筋を示した。つまり「前進の道において、われわれは引き続き経済建設という中心軸を揺るがさずに捉え、確固不動として科学的発展の道を歩まなければならない。引き続き社会主義民主政治建設の推進に力を入れ、確固不動として中国の特色ある社会主義政治発展の道を歩まなければならない。引き続き社会主義文化の大発展と大繁栄を力強く促し、確固不動として社会主義先進文化を発展させなければならない。引き続き人民の生活の改善・保障に力を入れ、確固不動として社会主義調和社会の建設を推し進めなければならない」----。この4つの道筋は、中国の特色ある社会主義の道の堅持・開拓に基本的に従い、近代化、民族の復興、人民の幸福実現を根本的に保証するものである。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古