2011年7月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:21 Jul 12 2011

南スーダン、「立国」は「独立」より難し

 9日、新国歌が流れる中、南スーダン共和国の国旗がゆっくりと掲揚された。人々の歓喜と歓声の中、世界で最も若い国、南スーダン共和国が誕生した。

 ▽南スーダン人、いまだ憂慮は晴れず

 現地の役人や人々に取材したところ、南スーダン人は独立と自由の喜びをかみしめつつも、決して有頂天になっているわけではなく、むしろ憂慮に満ちていることがわかった。南スーダンでは過去50年間、北部政府との間で2度にわたる内戦が勃発し、苦難を経験している。このたび南スーダン共和国が誕生したことで、2つの国はこれを機に平和、和睦、発展の新たな時代に入ると見られている。

 9日に行われた駐南スーダン共和国中国大使館のプレート除幕式で、南部スーダン暫定議会のワニ議長は「新国家の誕生は南スーダン人民にとって偉大な勝利であり、我々は自国の前途に対し、自信と楽観に満ちている。生まれたての新生児と同じく、立ち上がり、歩き、泳げるようになるためには、我々は様々なことをゼロから学ばなければならない。南スーダンは世界各国の助けを必要としている。友好的な中国に水泳の仕方を教わり、この難関を乗り越えていきたい」と述べたが、まさにこのとおりの状況だと言える。

 内戦期間中、南部スーダンは北部と隔絶し、極度の貧困に陥った。この「新生児」は誕生と共に「世界で最も発達の遅れた国の1つ」というハンデを背負うことになった。国連の統計によると、南スーダンは女性の死亡率が最高、児童の入学率が最低の国の1つであり、人口の90%以上は1日あたりの収入が1ドル以下、人口の5分の1が飢餓に苦しんでおり、清潔な飲用水が飲める人口はわずか約3分の1、人口の80%以上が非識字者だ。

 このほか、南北スーダンには歴史的問題も残されている。境界線の問題、係争地アビエイの帰属及び石油利益の配分、債務分担、南北国民の身分確定などはスーダン政府にとって解決が待たれる重要な問題だ。南スーダン共和国の独立は容易ではなかったが、「立国」は「独立」よりも難しい問題だ。

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古