2011年7月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:06 Jul 20 2011

協力・互恵の中米軍事関係を共同建設

習近平国家副主席、マレン米統合参謀本部議長と会談

 習近平国家副主席(中央軍事委員会副主席)は11日午後、マレン米統合参謀本部議長と人民大会堂で会談した。

 習副主席は「中米関係は世界で最も重要な二国間関係の1つだ。中米関係の重要性はすでに二国間の範疇を超え、戦略的意義と世界的な影響を強めている。両軍関係は両国関係の重要な構成要素だ。健全で安定した両軍関係は、中米協力パートナーシップの構築にとって重要な意義を持つ。最近の両軍関係の着実な発展と持続的な改善は、両軍関係の発展に関する両国首脳の重要な共通認識に合致し、両軍の協力強化、国際・地域の安全保障上の新たな試練への共同対応にプラスだ。両国の国防当局と軍が引き続き交流を強化し、理解を深め、共通認識を拡大し、相互信頼を深め、双方間の一連の重要な共通認識を積極的に実行し、両軍関係の発展における障害の除去に努め、相互尊重・協力・互恵の軍事関係を共同建設することを希望する」と表明した。

 マレン議長は「米中は世界において重要な国だ。現在の世界において米中関係の重要性は日増しに高まっている。米国は両国関係を非常に重視している。相互尊重と相互信頼を基礎に、両国関係をたゆまず発展させていきたい」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月12日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古