2011年7月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:56 Jul 19 2011

米メディア:中国が再び無人機を公開 日艦艇の「妨害」は可能か (2)

 ◇作戦範囲は半径200キロ

 英Exclusive Analysis社で中国海軍について分析するゲイリー・リー氏によると、近年、人民解放軍は様々な無人機の実験を行ってきたが、ASN-209がいまだに最も人気が高いという。人民解放軍の偵察部隊、砲兵部隊、他の地上部隊はそれぞれ無人機を配備しているが、人民解放軍総参謀部が直轄するのが中高度長時間滞空 (MALE)無人機だとすれば、ASN-209は連隊クラスの資産といえる。

 人民解放軍海軍は今後、無人機を使って日本の海上自衛隊の艦艇を「妨害」するつもりで、こうした「妨害行為」で情報伝達とともに、重大事件の発生を回避することができるとゲイリー氏は指摘する。

 無人機の航続距離には限度があるが、中国は将来、海軍の艦艇にこれらの無人機を配備する予定だろう。今回、中国が公開した銀鷹の最大航続時間は10時間、作戦範囲は半径200キロ。双発推進構造を採用、ロケット発射機とパラシュート回収システムを搭載。中国航天科技集団公司が製造したSL-200、南京模擬技術研究所が開発したW-50やPW-1/2など、中国の多くの無人機がこれと同じ構造を採用している。

 エンジンは、愛生公司が開発した重量22キロのHS-700を搭載するとみられている。ASN-206、207、208無人機も同じエンジンを使用している。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年7月18日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古