2011年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:56 Jul 27 2011

「高速時代」には一層の「安全ベルト」が必要

 現代化に伴い発生する「文明の危険性」を、われわれは十分に意識し、十分な対策を講じる必要がある。

 23日に温州市で高速列車追突事件が起きると中央と地方の関係部門が救助活動を重視し、鉄道、消防、医療各当局が直ちに救援活動、医療活動、身元確認にあたった。温州市民が自発的に現場で乗客の搬送を手伝い、献血所の前に長い列をつくったことは感動的だった。

 高速列車追突事件は多事多難の夏をさらに痛ましいものにした。ずっと安全と思われてきた鉄道の事故は、なおさらに大きな社会的影響をもたらす。

 メキシコ湾の原油流出や福島第1原発の放射能漏れ。現代社会は科学技術の発展に伴い密集度や複雑性も増している。技術の先進化に伴い、相互依存や相互影響も深まっている。ささいなミスや細かな手抜かりも危険性を生じ得る。

 今日の中国は、なおのこと「危険性のカプセル」の中にある。欧米諸国が数百年かけて歩んだ近代化のプロセスを濃縮した結果、さまざまな危険性も濃縮された。都市化、工業化、情報化、近代化は人々に多くの「文明の成果」をもたらすが、それに伴い生じる「文明の危険性」も避けがたい。したがってわれわれは危険性を十分に意識し、十分な対策を講じて、急速な発展の時代に頑丈な「安全ベルト」を締める必要がある。

 鉄道を例に取ろう。長年の努力を経て、中国の鉄道は「高速時代」に入ったと言える。高速鉄道は総延長や時速で世界一に達した。こうした速度は必要なものだが、速度が速まり、ダイヤが密になり、路線が増えるに伴い、より精確な管理ノウハウやより厳格な安全意識が必要になることにも目を向ける必要がある。これは鉄道の鉄則であり、発展の生命線でもある。管理、制度、責任の安全ベルトがあって初めて、列車の確実な運行は「一番」の名に恥じないものとなる。

 「ハインリッヒの法則」によると、1つの重大事故の背後には数十回、下手すると100回もの軽微な事故や未遂事故がある。運行システムに違いはあるが、北京・上海高速鉄道にも「小さな異常」が数多く生じ、様々な問題が明らかとなっている。事態を十分に重視すれば事故は避けられるかもしれない。張徳江副総理は事故後直ちに現場入りし「事故についてしっかりと調べ、社会に説明しなければならない」と強調。「事故から教訓を汲み取り、原因を究明し、厳しく責任を追及し、問題点を正し、しっかりと補償して初めて、死傷者に対する責任を果たし、公共安全の責任を果たしたことになる」との中央の断固たる姿勢を表明した。

 事故後も列車の本数は増え、総延長も延びる。今回の事故によって高速鉄道の推進方針が変わることはない。だが事故への対処を総括した後、強い安全意識をより厳しく追求することが不可欠だ。管理当局が痛みを教訓として刻む責任感と薄氷を踏む使命感によって安全対策を強化し、全ての乗客が望み通りに目的地へ到着できるようにすることをただ願う。複雑な環境の中を急ぎ足で前進する中国の高速鉄道がより慎重に、より安全に人々を未来へと導くことをただ願う。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月25日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古