2011年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:36 Jul 27 2011

事実の対比を用いて話すのが最も説得力がある (2)

 西側諸国は中国の政治体制を常に批判してきた。だが中国は急速に台頭し、人民の生活は改善され、30数年間にわたり二桁成長を維持している。このような成果は世界でもまれだ。私は1997年4月にスイスの国境近くの小さな都市、サンクト・ガレンで国際問題シンポジウムに出席した。中国に関する問題を討議している時、中国に批判的な発言に対して、あるスペインの若者が「中国政府は良い政府だ。過去20年間に2億5000万人を貧困から脱却させた政府が世界のどこにあるか?こんな巨大な進歩は、人類の歴史上かつてなかった」と反駁した。欧米人は弁が立つのに、誰1人として彼の発言に反論しなかったことは注目に値する。事実は事実。スペインの若者が述べたのは事実であり、反論のしようがなかったのだ。

 もちろん、中国は台頭の過程で多くの厳しい試練や問題に直面している。われわれは中国の実情に立脚し、人類文明の新しい成果を参考にして、試練に対処することを望んでいる。だが西側のモデルをそのまま用いることはない。他の国々で生じた深刻な問題は、中国では繰り返しただけで何倍にも拡大してしまう。

 リー氏の文章はもう1つの啓示を与えてくれる。事実の対比を用いて話すのが最も説得力があるということだ。事実を並べれば、誰も否定できない。われわれが世界に中国を紹介するとき、対比の手法は役に立つ。私自身も外国人とのつきあいで、この手法をよく用いる。

 世界はいま深いレベルで変化し、様々な声の併存を受け入れるようになってきている。実際、全世界が再考の過程にある。私は西側世界で20数年間生活した。西側には中国に対して偏見を抱く人が少なからずおり、取り除くことの難しい偏見が少なからずあることも事実だ。だが多くの庶民は情理をわきまえており、われわれが道理を明らかにし、事実に基づき説明すれば、最後には本当の中国を見てもらえるのだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月27日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古