2011年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:50 Jul 27 2011

日本議員の鬱陵島訪問計画、李明博大統領が入国禁止を指示

 韓国の李明博大統領は26日、来月初めに鬱陵島を訪問する意向を表明していた自民党「領土に関する特命委員会」所属議員の入国を禁止するよう指示した。韓国紙「朝鮮日報」が伝えた。

 李大統領は同日、金滉植首相、白容鎬大統領府政策室長、李在五特任長官、千英宇外交・安全保障担当首席秘書官らとの会議で、独島(日本名:竹島)に対する領有権を改めて表明するとともに、「日本の議員の身の安全を保障できないため、彼らが入国しないことを望む」との内容の書簡を日本政府に送るよう指示した。韓国政府と与党の消息筋によると、自民党議員が入国を強行した場合、空港で帰国させる方針だという。

 李大統領は2時間にわたる会議で、金首相ら政府上層部の意見を十分に聞いた上で、この指示を出した。

 これに先立ち、ハンナラ党の洪準杓代表は25日の党最高委員会議で「日本の議員の入国は、韓国の憲法秩序の撹乱が目的だ。法務省は彼らの入国を禁止すべきだ」と主張していた。李長官もツイッターなどで、入国禁止を主張していた。

 韓国外交通商省の関係者は「自民党議員が自発的に訪問を撤回するのが最善なので、日本政府と国会に対して『不測の事態が起きる可能性がある』とすでに数回伝えている」と説明した。

 今回の措置は李大統領が自ら指示したという点で注目されているが、このために日本の政界の抗議を招く可能性を指摘する声もある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月27日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古