2011年8月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:41 Aug 03 2011

中国、研究・試験・訓練のため旧式空母を改修中

国防部の耿雁生報道官


 国防部の耿雁生報道官は27日、中国が中古空母1隻を研究、試験、訓練のために改修していることを認め、次のように説明した。

 関係当局は現在、各方面の要素を総合的に考慮し、空母の発展について真剣に研究している。現在改修中の空母の試験航行の具体的時期については、改修工事全体の進捗状況を見て決めることになる。空母建造の全体において人材育成は重要だ。現在、艦載機パイロットの訓練を主にわれわれ自身の力で進めている。

 中国は平和発展路線を堅持し、独立自主の平和外交政策と防御的な国防政策を揺るがず遂行する。われわれは非常に長い海岸線と広大な管轄海域を持つ。国家の海上方面の安全、海洋主権と海洋権益を守ることは中国軍の神聖な職責である。空母は武器を搭載し、進攻にも防御にも使用できる。また、世界平和の維持、救援活動にも用いることができる。中国が空母の発展を研究するのは、国家の安全と世界の平和を守る力を強化するためである。防御的な国防政策が空母の発展によって変わることはない。近海防御という海軍の戦略の転換もない。

 空母の建造と運用は長期的なプロセスとなる。空母の研究・建造はわが国の国防科学技術水準を存分に示すものであり、わが軍の近代化に間違いなく重要な牽引・先導の役割を果たす。

 空母情報発表の時期は現在の南中国海情勢とは無関係だ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年7月28日

改修工事を進めている中国空母「ワリヤーグ」
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古