2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:49 Aug 01 2011

南中国海焦心症を示す日本の介入

 香港の大公報は先ごろ、中日の東中国海の釣魚島をめぐる紛争がこのところ激化し、南中国海の問題に日本が強い意欲をみせるなど、そこには東を撃つと見せかけて西を撃つ意図があり、中国はこちらを立てればあちらがたたずの状態に置かれ、日本のこうした姿勢は長年にわたる一種の南中国海をめぐる焦心症を反映している、と指摘する評論を掲載した。

 概要は以下の通り。

 菅直人内閣は崩壊寸前にあり、地震と放射能災害からの復興への糸口が見つからないほど混乱している中、日本はむしろ南中国海の問題に突然、強い意欲を見せるようになった。7月8日のこの日、日本は2つの事を発表した。第1は、護衛艦「しまかぜ」が9日に米豪の海軍と南沙群島(スプラトリー諸島)以南のブルネイ近海で海上通信演習を実施する。第2は、7月下旬に開かれる東南アジア諸国連合(アセアン)地域フォーラム閣僚会議で南中国海問題について議論する用意がある、というものだ。

 もともと、中国とベトナム、フィリピンの南中国海の主権をめぐる争いはすでにいくぶん沈静化しており、ベトナムの外務副大臣とフィリピンの外務大臣が前後して訪中し、いずれも問題を平和的に解決すると確約した。日本は中国とフィリピンが共同声明を発表したその日に上述した姿勢を表明し、中国人が緩めていた神経は再び強く締めつけられた。

 日本外務省の高官は、南中国海情勢がますます緊迫化する状況では、「国際社会が監視を強化しなければ、中国が周辺各国を押さえつけて南中国海海域を掌握するのは間違いない。これは『尖閣諸島』(中国名『釣魚島』)がある東中国海に影響を及ぼす可能性がある」との考えを表明。このように赤裸々な弁明をするとは、何と横暴なことか。

 中日の東中国海の釣魚島をめぐる紛争がこのところ激化し、日本の右翼が釣魚島海域に出漁し、日本の戦闘機がわが国の軍用機の飛行を妨害し、日本はこうした時に南中国海に介入すると声高に表明するなど、そこには東を撃つと見せかけて西を撃つ意図があり、中国はこちらを立てればあちらがたたずの状態に置かれている。

 日本こうした姿勢は長年にわたる一種の南中国海焦慮症を反映したものだ。

 先ず、日本はアジアで主導権を発揮することをずっと考えているが、第2次大戦における侵略の歴史を深く反省できないが故に、その政治的役割は制約され、その憲法も、国連平和維持軍の活動意を除き、外国における軍事活動は一律禁止されると規定している。そのため、「正常な国家」の仲間入りをする前に、中国の南中国海地域におけるイメージをできるだけ変えることで、中国にアジアを主導させないようにする必要がある。

 次に、日本は東南アジアと南中国海地域において巨大な経済的利益を有しており、日本にとって重要な商品・資本市場、原材料の供給地でもある。日本は資源に乏しいため、絶えず海外から大量に輸入しなければならず、その航路は南中国海を経由している。日本の理論に照らせば、中国がこの「シーライン」を脅かす可能性がある。

 「正常な国家」になりたいと思いながらも、大戦中における犯罪行為を反省しようとせず、中国の台頭に顔色を変える、それ故に焦りを感じるのである。

 90年代末、中国はミスチーフ環礁に軍事施設を建設したが、日本メディアはこれを「軍港」だと称した。日本の石油会社はベトナム、フィリピンなどによる南中国海における石油開発を支援しており、自衛隊もさまざまな形で南中国海地域に関与し、海賊取締りの旗を掲げながら軍事的浸透を図っている。

 この数年、日本の政局は風雨に揺れ、漂い、首相の交代が実に目まぐるしい。「中国脅威論」を大げさに叫ぶことが政治家の得票につながる。南中国海の水が静まることはなく、中日関係の発展と改善は今後もさらに大きな挑戦に直面するだろう。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年7月29日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古