2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:26 Aug 01 2011

中国国家海洋局、福島沖から基準値超の放射性物質検出

 国家海洋局は31日、「日本の福島県東から南東沖の西太平洋は、放射能漏れ事故の影響を著しく受けている」との調査結果を発表した。

 同局の海洋環境放射性物質監視測定チームは6月16日-7月4日、厦門(アモイ)を出航し、福島沖の西太平洋上で調査を実施。全サンプルからセシウム137、ストロンチウム90、および通常は海水中から検出されるはずのないセシウム134が検出された。これらは全て福島第1原発から放出された汚染物質だ。このうちセシウム137は中国近海と比べ最高300倍、ストロンチウム90は同10倍検出された。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月1日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古