2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 Aug 01 2011

中共中央政治局:過去10年間に集団学習を74回開催 (3)

中南海の10年来の必修課程

 ■全党に模範を示す

 今年7月1日の党創設90周年を前に、中央政治局は中国共産党の先進性の維持と発展について特別な集団学習を行い、「党の先進性の建設を常に優先的位置に据えて力を入れ、たゆまず維持・発展させなければならない」と指示した。

 実践面での党の先進性の維持に関する学習を重視し、学習に長けなければならない。2003年から2011年までに中共中央政治局が党建設問題について行った集団学習は10回にも上る。中央政治局は党の修養と先進性建設の学習を非常に重視している。「学習型政党の建設は全党の共同学習があって初めて完成する。党中央の果たす役割は大きい。中央政治局の学習はシンボル的意味を持つ重要な活動であり、学習型政党建設の重要な措置でもある」と卓教授は指摘する。

 卓教授は「学習型政党の建設は中国共産党の主体的自覚であり、政治局の集団学習制度は全党に模範を示した。各政治局員は重要な責任を担い、複雑な任務を抱えている。集団学習を開くには全員の予定を合わせなければならず、1人の時間を割くよりも難しい。これを制度として長期間継続することは、国家指導者が身をもって行動し、率先して模範となることであり、中国共産党が新たな歴史時期において新たな時代の変化、新たな執政任務に適応するという治国の共通認識でもある」と指摘する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月1日

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古