2011年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:10 Aug 04 2011

日本は歴史を鑑とし、自らの防衛政策を真剣に反省すべき

 外交部の馬朝旭報道官は3日、日本の新防衛白書について記者の質問に答えた。

 ----日本政府は2日、2011年版防衛白書を発表したが、中国に関して再びマイナスの内容が見られた。これに対し、中国側の態度は?

 日本の新防衛白書は中国の国防整備に対して四の五の言い、無責任な論評を加えている。中国側はこれに強烈な不満を表明する。私はここで重ねて表明したい。中国は平和的発展路線を堅持し、近隣国と睦まじく付き合い、近隣国をパートナーとする外交方針を堅持し、二国間関係における問題の対話や協議を通じた解決を堅持し、防御的な国防政策を遂行し、調和あるアジア、調和ある世界の建設に尽力している。中国の発展は日本を含む世界各国に重要なチャンスをもたらしており、これまでどの国に対しても脅威にならなかったし、今後もなり得ない。

 中国の国防強化と軍の近代化はあくまで自国の主権と安全を守り、領土を保全するためであり、いかなる国も標的にしていないということを強調したい。日本側が歴史を鑑とし、自らの防衛政策を真剣に反省し、隣国との相互信頼の強化、地域の平和と安定の維持に寄与することを行うよう望む。その逆をするのではなくだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月4日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古