2011年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:09 Aug 04 2011

波瀾続きの日韓領土紛争、影響は広範囲に

1日午前、韓国の金浦空港に到着した新藤義孝議員(前列右)ら自民党の国会議員3人

 日本政府が2日に発表した2011年版防衛白書で竹島(韓国名:独島)の主権を主張したことで、日韓間に新たな外交摩擦が起き、両国関係はにわかに冷え込んだ。人民日報海外版が伝えた。

 ■度重なる問題

 日本は防衛白書で「わが国固有の領土である北方領土(「南クリル諸島」を指す)と竹島の領土問題はなお解決されていない」と主張。2005年以降、7年続けて竹島(韓国名:独島)の主権を主張した。

 韓国政府はこれに強く反発。外交通商省は在韓日本大使館で比較的格の低い参事官を呼んで抗議する慣例を改め、兼原信克公使を直接呼び出した。国防省も木村洋武官を呼び、厳しく抗議するとともに「独島の主権要求を放棄しなければ、両国間に未来志向の軍事関係は永遠に期待できないことを意識するよう、日本政府に促す」との立場を明確に伝えた。

 この島をめぐる日韓の紛争は最近波瀾続きだ。8月1日には自民党の新藤義孝議員、稲田朋美議員、佐藤正久議員の3人が「係争島嶼に対する韓国人の見方を知るため」、竹島(韓国名:独島)近くの鬱陵島の「視察」へ向かったが、「国益または公共の安全を害する行動を起こす恐れがある人物の入国を拒否する権利を有す」との理由で韓国側に入国を禁止された。韓国が外国の政治家の入国を禁止したのはこれが初めてだ。

 韓国政府はその前日にも、新藤議員らと共に鬱陵島へ行こうとしていた日本の右翼学者、下条正男拓殖大学教授の入国を禁止している。

[1] [2] [3]

ソウルの日本大使館前で集会を開き、日本国旗を燃やして抗議する韓国の民間団体。
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古