2011年8月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:24 Aug 05 2011

緊張をあおり立てる日本の新「防衛白書」

 日本政府はこのほど2011年度版「防衛白書」を承認した。防衛政策の重要な調整の後に公表された初の白書となる。ページ数を大幅に割いて中国の軍事力を誇張して述べたり、さらには流言蜚語を飛ばして人びとを惑わそうとしたり、緊迫した雰囲気を煽り立てようとしている。日本のこうした行為は中日関係を著しく損なう。

 この白書は日本の新防衛政策を全面的に解釈したものであり、これまでと変わらず、この分厚い防衛政策の宣伝書は中国に関する記述が極めて多い。以前と異なるのは、中国の正常な国防建設につい勝手気ままに論じたり、不和の種をまこうとしたり、行間に激しく人に迫る勢いや拡張への衝動が表れていることだ。

 白書は依然、中国の軍事力に対するいわゆる「警戒」の維持を基調としており、たびたび「拡張」「不透明」といった使い古された語句が出てくる。白書の「新味」と言えば、中国は隣国との関係処理に当たり「高圧的な姿勢」を見せ始めたと、公然と述べ立てていることであり、隣国に「親しみ」のそぶりを示しているかのようだ。

 白書が挙げるいわゆる「高圧的」な事例を見た場合、中国側の東中国海や太平洋での探査、訓練にしろ、南中国海での国の権益を擁護する行動にしろ、中国のやり方は正常かつ正当である。白書にある「心につかえて気にかかる」中日の船舶衝突事件に至っては、さらに3つの基本的事実を無視している。第1は、事件が発生した海域は中国固有領土の釣魚島付近である。第2は、日本海上保安庁の武装した船舶数隻が中国漁船を取り囲み行く手を遮った。第3は、漁労中の漁船は日本の「防衛大計」とどんな関係があるのか、という点だ。

 白書がこうしたカギとなる事実を無視、抹殺しようとするのは、その深層的な原因を究明すれば、必ず2つことが出てくるからだ。第1に、日本側は長期にわたる冷戦思考にとらわれ、日米同盟という神話に悩まされ、「中国脅威論」や「中国包囲論」といった文脈に気持ちを奪われ、自力でそこから抜け出せない。第2に、日本は戦後制定した平和憲法が主張する専守防衛政策に対して、束縛から脱却して拡張を図ろうとする非常に強い衝動がある。

 実際、「高圧的姿勢」という表現は、日本に用いたほうがずっと適しているようだ。

 白書を開けば、いったい誰が地域の緊張を煽り立てようとしているかがはっきり分かる。白書が公表したデータによると、10年以来、日本がアジア太平洋地域で参加した多国間合同演習は13回を数え、日米の合同演習はより日常的だ。また、日本側はオーストラリアなど一部アジア太平洋地域の国々との防衛協力を強化しているほか、直接には関係のない南中国海をめぐる問題で流言蜚語を飛ばして人びとを惑わそうとしている。世界が混乱させることだけが気にかかる。

 日本が今回、南中国海問題を論じる前、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)はASEAN外相会議の期間、「南中国海をめぐる各方面の行動宣言」指針案を着実に実行することで合意、南中国海での実務的協力の推進に向け道が開かれた。日本は面倒を起こそうとしているが、その意図は火を見るより明らかだ。

 地域の平和の擁護には、誰もが責任を負っている。アジア太平洋地域の歴史と現実が幾度も証明しているように、白書の中で責任を負わないような発言や政策、好意を抱けない憶測は、少しも地域の平和と安定には役立たない。緊張を煽り立でるのは、アジア太平洋の人びとの平和を必要とし、発展を追求する普遍的な願いとまったく矛盾する。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年8月4日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古