2011年8月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:32 Aug 08 2011

中国空母に関する過剰な憶測 自らを苦しめる日本

 中国が航空母艦計画を発表したことに日本は最も強い反応を示しているようだ。日本の防衛相は7月29日、中国の空母には透明性がなく、「そもそも何に用いるのか」明確ではなく、「地域を緊張させる要因だ」と非難。その前日、官房長官も似たような発言をしている。日本人は中国が詳細な空母建造伺い書を示さなかったことに腹を立てている様子だ。「環球時報」が伝えた。

 中国が建造する空母は「何に用いるのか」。いずれにせよ、綿花を運搬する、あるいは小麦を輸送するためでないのは確かであり、初の空母は「科学研究と訓練の場」となり、パラシュート隊を訓練するためでないのも確かだ。空母に装備するのは作戦機であり、遠方まで飛行して攻撃、爆撃することができる。これらはいずれも明白であるのに、中国国防部の「透明性」が必要だろうか。北京の軍事筋がこれらは小学生でも語れる道理だ、と言うのを避けているのは、東アジアの平和の誠意ある維持に対する中国の一種の表現方法なのである。
 
 日本の様子を見ていると、中国の軍事筋に日本に対処した具体的な空母使用計画といったものがあるのか、非常に知りたくなる。第1に、彼らは性急しすぎる。空母はまだ進水しておらず、真の戦闘力を持つにはさらに時間が必要であり、今はいかに具体的に空母を中国の戦略的威嚇の道具にするかを真剣に設計する時ではないだろうか。第2に、中国がいかに空母を使用するかを詳細に検討する時が来たとしても、中国に空母巡航の航路図とタイムスケジュールを随時、予備を用意して日本に一部を手渡す義務があるだろうか。

 日本は常に中国海軍の「戦略的意図」が何であるかを問い、中国艦隊は「何のために」第1列島線に進出するのか繰り返し問い、現在はより絡みつくように中国の空母は「何をする」のに用いるのかと聞いてくる。彼らは中国を念入りに仕組んだ「陰謀」に沿って行動し、中国の1歩、1歩が精確なステップを貫くその中の1つだとイメージしている。当時の軍国主義日本も真にこうしたのだろうが、中国は違う。

 中国海軍の第1列島線進出にしろ、今日の空母建造にしろ、いずれも中国が苦心して行っていることではなく、中国が全面的に成長した後の自然な行動なのだ。世界のいずれの大国も空母を保有し、中等国でも保有する国があり、今日まで発展してきた中国が空母を建造しないとすれば、恐らく建造に納得がいかない以上に奇異に感じるだろう。同様の道理から、中国艦隊が紺碧の海へと向かうのは、永遠に近海にへばりついているのに比べれば、中国の世界にまたがる国際貿易、今日のグローバル化の流れにより合致する。

 中国の空母が具体的にある国に対処するものでないのは明々白々であり、それは日本でもなければ、米国でも、南中国海の諸国でもない。中国にそのいかなる国とも戦略的に対峙しようとする真意はまったくなく、中国の平和と発展への願望は真実なものだからだ。ただ一方、自発的に軍事圧力を用いて中国に迫ろうとするなら、中国は軍事資源を結集してそれに対抗し、必要とあれば、空母も参加するだろうし、さらに必要とあれば、中国の他の戦略的手段を用いることになるだろう。

 中国が外部の要求に適度に反応し、軍事透明度を高めることは確かに必要である。だが、国それぞれは、自らの考えで人を推し量り、自らの習慣と経験を中国の頭上に無理に押しつけ、もともと存在しないいわゆる計画なるものを明らかにするよう中国に迫るべきではない。彼らは中国の平和台頭にある意味を真剣に検討すべきだ。中国は進攻型の国ではない。軍事手段はやむを得ない場合にのみ使用し、西側の理論が常に考えることとは異なり、平和と戦争の手段はコストパフォーマンスが最も高いほうを使用すべきだと中国人は考えている。

 日本人がもう中国の空母建造の「意図」をめぐって自らを苦しめることのないよう、反対に、中国人が答えられない問題をもってわれわれを苦しめることのないよう願っている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年8月6日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古