2011年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Aug 09 2011

米日「中国脅威論」誇張 中国の発展抑えれるか?

 文=中国太平洋経済協力全国委員会 呉正龍副会長

 中国の正常な国防建設にとやかくいい、中国の軍事的脅威を誇張し、無責任な論評をするのが米日の常套手段だ。米軍のマレン統合参謀本部議長の訪中後の言論、最近打ち出された日本政府の20011年版防衛白書がその典型的な例だ。

 中国と米日の軍事力、国防費(総量、国民1人当たりの平均、兵士1人当たりの平均)を比較する報告或いは文章はすでに多くあり、ここでくどくど言う必要はないが、中国人民解放軍の陳炳徳総参謀長が指摘するように、中国と米国など西側主要国の軍事力は20年の開きがあり、両者はかなり不釣合いな状態にある。例えて言えば、「1本指と9本指」の関係だ。こうした状況の下、中国が国防と軍隊の近代化を強化するのはいたって正当かつ合理的、合法的な行為だ。米日は何の資格があって中国の国防建設にとやかく言うのか?

 米日の理屈では、彼らは▽兵器を台湾に売却して中国の主権を侵害し、中国の内政に干渉 ▽艦載機を派遣して中国を偵察 ▽原子力空母と原子力潜水艦を中国周辺の西太平洋に配備し中国を脅かし ▽中国の周辺地域で合同軍事演習を度々行い、武力をひけらかし ▽様々な先端兵器を次々と開発、更新、装備 ▽「自衛隊」の数を拡充し、軍隊を中国から近い「南西諸島」に配備----してもよく、口ではすべて地域の平和と安定を守るためだと言っている。

 その一方で、中国には国防・軍隊近代化はダメだという。中国の海軍艦艇が沖縄本島と宮古島の間の公海を通過し、西太平洋の国際海域で慣例の訓練を行っても、廃棄済みの空母を利用して研究開発や実験、訓練を行っても、うるさく騒ぎ立て、「地域の平和を脅かす」、「周辺国の不安を煽る」とでたらめを言う。米日にとっては、中国が数十年前のまま旧式の銃や大砲、砲艇を使い、国防近代化をしないのが一番いいのだ。

 また、米日はすぐに中国の国防強化の「理由」を疑い、「現在拡充している能力にしても、軍事投入にしても防衛支援とは主張していない」と指摘する。そんなことを言う必要があるのか?米日の強大な軍事的圧力を前に、中国が国防を強化し、軍隊の近代化をしなければ、100年前の西側列強に侵略された時代にまた戻ってしまうではないか。

 中国がこの道を歩むことに、米日も当然、慣れる時間がいる。以前、沖縄本島と宮古島の間の公海はほぼ米日艦艇の「専用水路」だった。そこに突然「新メンバー」が加わり、少し慣れないのも自然なことだし、理解できる。しかし米日は一を聞いて十を知る具合に、何かある度に慌てるのではなく(日本の防衛白書が潜水艇「蛟竜号」を軍事用と見なしているのがいい一例)、平常心を保つ必要がある。米日が慣れる時間が短く、スムースであることを願っている。これは中国が軍拡競争をするということではない。中国にはその意向はないし、その能力もないし、そうするほど愚かでもない。

 米日が「中国脅威論」を誇張する目的は言わずと知れている。要するに、中国の発展を抑えたいのだ。中国にそれは通用しない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年8月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古