2011年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:23 Aug 10 2011

日本、9月上旬に「緊急時避難準備区域」を解除へ

 日本政府の原子力災害対策本部は9日、福島第1原発事故について福島県内の5市町村に除染作業を含む「復旧計画」の今後1カ月内の策定を求めると同時に、半径20キロ圏外の「緊急時避難準備区域」について9月上旬に一括して指定を解除する方針を決めた。

 日本メディアによると区域内の住民は5万8500人で、うち2万5千人がすでに避難している。政府は区域内の学校や公共施設の放射線量を測定した結果、「安全性はほぼ確認された」と判断し、5市町村の「復旧計画」が出そろった段階で指定を一括解除することを決めた。「復旧計画」には住民の順調な帰宅の支援、学校や病院の再開、上下水道の復旧、校庭の除染作業などが盛り込まれる。日本政府は8月中に除染作業の基本計画をまとめるが、実際に地元自治体をどう支援するかが難しい問題になるかもしれない。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月10日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古