2011年8月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Aug 12 2011

中国初の空母の試験航行が意味するもの

 中国の航空母艦は改修作業の進捗状況に基づき、10日に試験航行を行った。計画に基づき、最初の試験航行は余り長く行われず、今後も造船所で改修と検査を継続する。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 ■改修・装備取り付け段階はすでに完了

 空母の設計から戦力形成までには複雑なプロセスを要する。設計段階、建造段階、設備・装備取り付け段階、テスト段階、就役後の訓練段階(空母訓練、艦隊訓練を含む)を全て完了し、整った空母戦闘群を構築して初めて、戦力を形成したと言うことができる。

 中国初の空母はすでに建造段階(より正確には改修段階)と設備・装備取り付け段階を完了し、初の試験航行の開始によって本格的なテスト段階に入った。この段階も比較的長い時間を要する。

[1] [2] [3] [4]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古