2011年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:36 Aug 17 2011

野田佳彦氏は強硬な次期首相?

 菅直人首相の退陣を間近に控え、誰が日本の次期首相になるか徐々にはっきりしてきた。与党・民主党内では、次期首相の競争が白熱化しているが、野田佳彦財務相の勝算が大きいという声が多い。

 本来なら、人気の高い前原誠司前外相あたりがなりそうだが、首相指名選挙には出馬しないとの意向を示した。前原氏が参戦しないとなると、野田氏の優位は明らかだ。

 防衛と財務に詳しい野田氏だが、現在、日本経済は今年の大地震の影響に加え、米欧の債務危機拡散により、日本経済振興が政府の重要課題となっている。その点、野田氏は財務分野の知識と長年の実践経験をもつ。首相の座をめぐる争いで野田氏はすでに優位に立っている。

 民主党内部で野田氏をリーダーとする野田派は30人近くおり、中立派に属し、他の実力者との目立った衝突は特にない。民主党内最大の小沢派を率いる小沢一郎氏はかつて「常識が通じる人なら誰でもいい」と表明。野田氏と前原氏の関係も悪くなく、同じ「松下政経塾」の出身で、野田氏は前原氏の先輩にあたる。そのため野田氏は今回の党内の争いで最も競争力があるといえるだろう。

 与党と野党との関係も、次期首相争いの重点となる。それは多くの法案の通過に絡んでおり、与党と野党の関係がこじれ、対立したままだと、日本社会の正常な運営に影響してくる。現在の菅首相は野党との関係でずっともつれており、国民もこれに不満を抱いている。一方、野田氏の主張は最大与党の自民党にわりと近く、その点、今後国会で彼の主張を通すのに有利となる。
 
 野田氏が日本の次期首相になれば、対外政策に慎重な態度を示すだろうとアナリストは分析する。野田氏は今回、「A級戦犯は戦争犯罪者ではない」と自らの考えを表明。野田氏がこの観点を表明するのは初めてではない。小泉首相時代、野田氏は「A級戦犯になった人々は戦争犯罪者ではない」との意見を明確に示した。靖国神社への参拝を支持し、日本の戦中の侵略行為を直接否定している。

 野田氏は軍人の家庭に生まれ育った。父親は自衛隊の自衛官だった。早稲田大学卒業後、「松下政経塾」の第一期生となる。こうした環境が、野田氏の政治主張と外交主張に直接的な影響を与えた。そのため野田氏は対中強硬、靖国神社参拝を主張する、民主党内でも有名なタカ派の人物だ。

 釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題においても、「尖閣諸島は日本の領土」だとする国会決議を求めたことがある。またその著書で、日本は集団的自衛権を行使するべきだと主張、これが原因で鳩山内閣で防衛大臣にはなれなかった。軍事に関しても急進的で、宇宙でさえ放っておかない。彼が求めるのは平和的な宇宙開発ではなく、軍事利用だ。外交、軍事における主張は明らかに「松下政経塾」の強硬スタイルを引き継いでいる。

 野田氏が日本の次期首相になれば、中国はその将来の外交・軍事政策に懸念を抱かざるを得ない。この経済に長けた未来の首相が日本経済の振興に注力し、外でいざこざを起こさないよう願うばかりだ。例えば、「A級戦犯は戦争犯罪者ではない」というような発言は財務大臣であろうと、首相であろうと軽々しく言うべきではない。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年8月16日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古